みるみる食欲が消える!食べ過ぎを防止する3つの方法

「気がついたらたくさん食べ過ぎていた…」と、食事をする度に後悔していませんか? それは身体がカロリーを欲しているわけではなく、心が「もっと食べたい!」と訴えているからかもしれません。 では、そんなメンタルの揺らぎによる食べ過ぎを防止する方法を探ってみましょう!

食べ過ぎを防止する3つの方法

食べ過ぎた時のリスクを考える

large

食べている時は美味しくて幸せだけど、食べ過ぎ後は苦しかったり、身体が重くなりますよね。 そのリスクを、食べ過ぎる前に思い出しましょう。 「苦しい思いをするぐらいなら、明日お腹が空いている時に食べよう」と考えられれば、食べ過ぎを回避できますよ。

疲れている時は食べ物を買わない

mental02

残業などで疲れている時は、「頑張った自分にご褒美をあげたい」なんて思ってしまいますよね。 しかしそんな時に食べ物を見ると、必要以上に買い込んでしまい、結果的に食べ過ぎる恐れがあります。

なので疲れている時はコンビニやスーパーに行かないことが大切。 「冷蔵庫に何もないよ!」って時は、買い出し用のメモを作って、それだけを買うように心がけましょう。

食への興味をなくす

mental03
上の2つがなかなかできない人は、「食べることが大好き!」というタイプのはずです。 そんな人は、食べることに意識を向けないことが一番のダイエット法になります。

たとえば食以外の興味を見つけて、それにお金や労力をかけてみましょう。 スポーツや読書でも良いですし、ファッション(服)でももちろんOKです。 食べることより大事なことを見つけると、食べたい意欲が少しずつ収まっていくはずですよ。

心の持ちようで食欲は変えられる!

いかがでしたか?食べ過ぎるクセが直れば、ダイエットもスムーズに進むようになります。ご紹介した方法を参考にして、改善を図っていきましょう!
トップへ戻る