みんなの羽織りモノ事情を大分析!ハンパな季節はこの5アイテムが使えます★

温度調節が難しいこの時期。今から重宝するのが「羽織もの」ですが、オーソドックスなカーディガンだけでなく、できれば他のアイテムもどんどん活用していきたいですよね。というわけで今回は、街のオシャレ女子たちの羽織もの事情を徹底調査。どうやらタウンでは、今日ご紹介するこの5種類が、特に人気の模様です!

Case1:まずは年中使えるシャツを採用

薄さと軽さがカーデに匹敵!

マニッシュパンツと白シャツは、もはや申し分ないほど好相性。真面目ちゃんにならないよう、ボタンは多めに開けてヌケポイントをしっかりメイク!


柄物でコーデに大人のハクづけを

秋を意識したブラウンベースのノスタルジックシャツ。ゆるっとルーズに着崩して、今ドキな空気を醸しましょう。インナーを白にすれば清潔感も◎。


可憐になれちゃうギンガムチェック

ホワイトメインの着こなしは、クリーンな反面のっぺり見えには要注意。ギンガムチェックのシャツを投入すれば、メリハリがついて清楚なムードも備わります。


Case2:レースカーデでノーブルに

ジーンズにエレガントなクラス感

レース効果でダメージデニムのハードさにブレーキを。肌が程よく透けるカーデなら、黒でも重見えの心配なし!


ホワイトレースはヴェールを纏う感覚で

天使みたいなフェアリーカーデには、ラフな洋服をぶつけてカジュアルダウン。あくまでも、普段着として着るのがツウのやり方です。


カーキボトムでテイストMIX

メンズライクなワークパンツが、羽織りもの一枚でノーブルな表情に。ベレー帽やファーサンダルで、秋っぽ要素も追加しておきましょう。


Case3:シャツワンピを着流して

夏ルックにONするだけでニュアンシー♡

春から大活躍してくれたシャツワンピは、おそらく秋もヘビロテ必至。肩肘張らない着こなしに、大人の余裕が滲み出ます。


ブルー系をセレクトして爽やかに

シャツを着るときは、袖をロールアップして華奢な手首を見せるのが基本ルール。深淵なブラックパンツも、青空みたいなブルーワンピがあれば、たちまち爽快な印象に転びます。


ブラウンなら秋らしさも満点♪

くすみ色ワンピを投下して、シンプルなワンツーコーデに季節感をトッピング。ハリのある素材なので、立ち姿もサマになってます♡


Case4:プリントガウンをデイリーに

プレーンルックもガーリー指数アップ!

かなりやんちゃなブロークンジーンズを、乙女チックなテイストに。ストンと落ちるガウンから、気品がふわっと香ります。


ストリートスタイルにも難なくマッチ

ヴィンテージ風デニムには、レトロな趣のプリントガウンを指名!サングラスとでかピアスで、女度もググッと底上げしておきましょう。


マキシ丈で颯爽と♪

ダークカラーの洋服と、チャンキーヒールのショートブーツでモードめに。流れるような花柄も、媚びないハンサム顔にシフトします。


Case5:ロングカーデで軽快に

真夏のワンピを秋っぽく★

キャミアイテムだって、織物りものさえあればまだまだ十分着回せる!ロングカーデだからこそつくれる長×長シルエットは、今どきなグッドバランスです。


ホワイトベースならカーキも鮮やかに発色

膨張しがちな白コーデを渋色カーデで引き締めて。バッグは高めにセットすると視線が上に集まり、簡単にスタイルアップが叶います。


淡カラーで優し気に♪

飾らないリーンスタイルを、リュクスかつリラクシーに。白トップスと黒ボトムのつなぎには、こんな曖昧カラーが役立ちます。


おわりに

いかがでしたか?今のシーズンに欠かせない羽織りもの。応用テクをマスターできれば、自動的に着回しスキルもアップします。季節の“スイッチ力”に磨きをかけて、半端な時期も乗り切っていきましょう♪

トップへ戻る