どこまでできる?デキ女が実践する「小さな気配り」

仕事ができる女性たちは、さりげない気配りを欠かしません。それが良好な人間関係や仕事の結果にも結び付いているのです。

ここでは、デキ女が実践する「小さな気配り」をご紹介していきます。恋愛においても役に立ちますよ。あなたはいくつ出来ていますか?

・話を聞くときは体を向ける

話しているときに体の正面を向けられると、あぁしっかり聞いてくれているんだなと感じることができます。

些細なことですが、優しさを感じる行動です。話を聞きながらそっぽを向いたり、スマホをいじっているようでは気配りが足りないですよ。

小さな気配り

・手書きメッセージ

スマホやパソコンでのやりとりが当たり前の時代だからこそ、手書きメッセージに温かみを感じる人が増えています。

メールで済ませずに「先日はありがとうございました」と手書きメモを添えるだけでも評価が変わってくるかも。

・返事は出来るだけ早く

「忙しい人ほど返信が早く、そうでない人ほど返信が遅い」とはよく言われることですね。

返事が早い人は、相手の気持ちを第一に考えているからこそすぐに行動できるのです。

その気配りができない人は、あとでいいやと返事を遅らせてしまいます。あなたは大丈夫ですか?

2小さな気配り

・表情から読み取る

気配り上手な人は、相手のことをよく観察しています。

表情から疲れていそう、体調が悪そう、落ち込んでいそうといった気配が読み取れれば、話す話題や態度にも気を使えますよね。

相手の表情などお構いなしでべらべらと話し続けてしまう人は気をつけましょう。

・天気を把握する

世間話にも使える天気の話題は、気配り上手になりたいなら毎日調べておきましょう!

出掛ける彼に服装のアドバイスをしたり、傘を持たせたりすることもできます。

気配りを欠かさない秘書業務をしている方は欠かさずチェックしていますよ。

3小さな気配り

小さな気配りができるようになると、周囲から持たれる印象はガラリと変わってきます。今まで出来ていなかったという方は早速実践してみてください。相手だけでなく、自分も気持ちよく過ごせるようになりますよ♡

トップへ戻る