パーツ×世代別!ピンクメイクの取り入れ方

今年のトレンドカラーは「ピンク」です。コスメからファッションにいたるまで、今年はピンクのアイテムがたくさん売られています。ただ、ピンクにもベビーピンクやコーラルピンク、ショッキングピンクなどたくさんの種類があるので、どのピンクが自分に合うのかわからず困ってしまうことはありませんか?顔全体に、自然にピンクを取り入れるのは上級者!ピンクメイク初心者さんは、まず1つのパーツに取り入れてみましょう!今回は、年代別におすすめカラーやメイク方法をアイメイク・チーク・リップの各パーツに分け、ご紹介します。

10代はベビーピンクで透明感UP!

@rena_makeup_insta

学校や塾・習い事で忙しい10代女子は、プチプラかつ簡単なメイクをしたいですよね。10代女子がピンクをメイクに取り入れる際は、もともとの肌色を活かした透明感のあるメイクがおすすめです。

アイメイク

単色のアイシャドウを使い、指でさっとなじませるアイメイクが今の流行です。思い切ってピンクのアイシャドウをアイホール全体にいれてみましょう♪ピンクだけじゃ腫れぼったくなってしまうという方は、単色のグラデーション黒のアイラインを引けば目元がパッチリみえますよ。もしくはブラウンのアイシャドウと組み合わせて使ってみるのもOK。また、思い切って下まぶたにも入れてみると濡れたようなうるうる目に仕上がりますよ。

チーク

10代女子は、チークをつけなくても頬が自然とピンクに色づいています。その色を活かしたベビーピンクのチークなら、素肌が透け、ナチュラルに仕上げることができます。頬の真ん中にチークをま~るく入れて、キュートな愛されメイクにしてみましょう♪

リップ

チークと同じベビーピンクがおすすめ!10代の唇は、もともと血色がよく、キレイなピンクをしていることが多いため、口紅よりもグロスを足すだけのナチュラルなリップメイクがおすすめです。ラメやパールの入ったグロスを使うと唇を立体的にみせてくれますよ。

10代女子の透明感のある肌は、ピンクがよく似合います。また、ピンクはラメやパールとの相性も◎ ラメやパールは、顔を華やかにみせてくれるため、ふだんとイメージを変えたい放課後メイクや、デートメイクにもピッタリです。

20代はビビッドピンクでこなれ感を!

@nakamuramiomio

20代女子は学校やバイト、仕事で忙しく、ついつい似たようなメイクになりがちですよね。20代がピンクをメイクに取り入れるなら、普段と質感を変えたメイクや、いつもと違うアイテムを取り入れたメイクがおすすめです。

アイメイク

普段使いの黒やブラウンのアイライナーやマスカラをピンクにチェンジしてみてはいかがでしょうか。アイライナーをピンクにする際は、チェリーピンクなどの濃い目のピンクがおすすめです。こなれ感のあるアイメイクが完成しますよ。

チーク

チークは普段からピンクを使っている人も多いと思いますが、そのいつものチークにひと手間加えてみましょう!ピンクの下にオレンジを重ねることで、立体感のあるメイクに仕上がり小顔にみえます。また、チークは定番のパウダータイプはもちろん、リキッドタイプやクリームタイプ、ジェルタイプなど様々なタイプがあり、タイプによって与えるイメージも変わります。モテ&キュートな印象に仕上げたい方は、ふんわり仕上がるパウダータイプ、トレンドのツヤ感のあるメイクに仕上げたい方は、リキッドタイプやクリームタイプ、べたつきが気になる方は、さらっとしたテクスチャが特徴のジェルタイプを選んでみましょう♪たくさんのチークの中から好みにあったチークをみつけてみては?

リップ

20代女子は、大人っぽいメイクやトレンド感のあるメイクに挑戦したい方も多いはず。そこで、おすすめしたいカラーはショッキングピンクです。ショッキングピンクはピンクの中でも濃い目でインパクトのあるカラーなので、難しく感じられる方も多いかと思います。そのため、ツヤのないマットな質感のリップがおすすめ!リップをマットにするだけで、ショッキングピンクの発色を控えめにし、ほかのパーツとのバランスがとれた今っぽいメイクに仕上がります。マットなリップを使うときは、縦じわが目立ちやすいため保湿ケアを忘れずに!

メイクや流行に敏感な20代は、様々な質感のメイクに挑戦し、自分だけのお気に入りの組み合わせを見つけてみましょう。

30代は色っぽさあふれるダスティピンク!

@2.5haruka

30代におすすめのピンクは、ずばり「ダスティピンク」です。「ダスティピンク」とは、パープルがかったピンクのこと。「肌がくすんで見えないの?」と思いそうですが、そんなことはありません。ダスティピンクは、ピンクのなかでも落ち着いたカラーなので大人の女性にぴったり!普段使いしやすく、鮮やかなピンクに抵抗のある方でも挑戦しやすいお色ですよ。

アイシャドウ

大人の色っぽさをアイメイクに活かすなら、ピンクのアイラインやアイシャドウを上まぶた、もしくは下まぶた目尻から3分の1にいれたメイクがおすすめです。さりげないピンクは、普段のメイクに取り入れやすいですよ。

チーク

30代の肌におすすめしたいチークはダスティピンクのなかでもローズピンクです!さらに、30代は色だけではなくチークの入れ方を工夫してみましょう。チークをこめかみに向けて斜めにいれることで、色気のある女性らしいメイク&小顔効果が期待できます。

リップ

30代がピンクをメイクに取り入れるなら、おすすめしたいのがこのリップをメインにしたメイクです。ダスティカラーのリップは、大人の色気を最大限に活かしてくれますよ。また、ダスティカラーのリップはツヤが命!ツヤのあるリップを選ぶか、グロスでツヤを足してみましょう。また、お手持ちのピンクのリップに、パープルや黒のグロスを重ねても簡単にダスティピンクが作れますよ。

30代だからこそ似合うピンクがあります。また、顔の1点に取り入れるだけでも顔が華やかになるので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

この春夏トレンドのピンクは、メイクだけでなく、ヘアカラーやネイルに取り入れても簡単にトレンドを取り入れらますよ♪ 初心者はまずひとつのパーツから、慣れてきたらほかのパーツにも挑戦してみましょう!また、ピンクといっても様々な色があります。人それぞれ合うピンクは違うので、自分にぴったりのピンクを探してみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る