自信を持って着こなしたい!オフショルを着られる肌の作り方

昨年に引き続き、今年も流行しているオフショルダーのトップス。デコルテをきれいに見せられる・涼しげな印象を与えられる・ほどよくセクシーな雰囲気が出せる…とあって、人気はまだまだ続きそうです。でも、オフショルダーの服をきれいに着こなすにはデコルテのケア、ムダ毛の処理、インナー選びなど、気を使うことが多くてけっこう大変…。挑戦してみたいけど、二の足を踏んでいるという人もいるのではないでしょうか。そこで、今回はオフショルを着る際の肌ケアとインナー選びのポイントをお伝えします。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

デコルテケア

オフショルダーの服を着るなら、デコルテがきれいであることは必須条件。でも、顔の手入れのように、デコルテのケアを毎日欠かさず行っている…という人はあまり多くないようです。でも、実はデコルテは皮膚が薄く、様々な肌トラブルが起きやすい場所でもあるので、毎日丁寧にケアをして美しいデコルテを目指しましょう。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ニキビ対策

デコルテは皮脂腺が多いので、ニキビができやすいパーツです。デコルテのニキビをなくすには、肌を清潔にして保湿をしっかり行うこと。そして、ニキビができやすくなる習慣を止めることです。シャンプー、リンスのすすぎ残しはニキビの原因になるので、洗髪後はデコルテまでしっかり洗い流すようにしましょう。また、肌をゴシゴシこするように洗うと肌のバリア機能が低下して、ニキビができやすくなるので、優しく洗うことを心がけましょう。不衛生なパジャマやシーツもニキビの原因になります。特に、汗をよくかく夏場は、パジャマはできれば毎日、シーツも週に1回は洗うようにすると良いでしょう。

スキンケア

デコルテも顔の延長だと思って、化粧水、乳液、クリームまで、しっかりスキンケアを行うことが大切です。日焼け止めもデコルテまで忘れずに塗り、日差しが強すぎる時はストールなどでカバーしてあげると良いでしょう。

正しい姿勢とリンパマッサージ

常に重たい頭を支えている首やデコルテは、たるみやすい部分でもあります。特に、前傾姿勢になりがちな人は、大きなダメージを与えてしまっています。まずは正しい姿勢を身につけて、首とデコルテの負担を軽くしてあげましょう。そして、重たい頭を支えることでむくんでしまったデコルテは、リンパマッサージですっきりとさせましょう。デコルテは摩擦に弱いので、入浴後に保湿をして、指が滑りやすくなった状態でマッサージすることが大切です。


  • デコルテ美人に☆鎖骨リンパマッサージ

背中のムダ毛処理

普段は洋服で隠せる部分ですが、オフショルダーの服を着るとなると、かなり目立ってしまう背中のムダ毛。きれいに処理しておきたいものですが、一人で背中のムダ毛を処理するのは、ちょっと大変ですよね。なるべく肌への刺激を抑えて自己処理したいなら、電動シェーバーか脱毛クリームがおすすめです。電動シェーバーは柄が長いタイプのものを選ぶと、背中の手が届かない場所のムダ毛も処理することができます。脱毛クリームを背中に塗る時も、クリームを背中などに塗るために開発された、柄の長い道具を使用するとムラなく塗りやすくなります。脱毛が終わったら、保湿クリームをしっかり塗ってケアしてあげましょう。

インナー選び

オフショルダーを着ると肩が丸出しになるので、インナー選びにも気を使いますよね。ここでは、オフショルダーと合わせても違和感がないインナーをご紹介します。

チューブトップ、ベアトップ、バンドゥブラ

これらのインナーは、どれもストラップがないので、ストラップがチラ見えする心配がありません。さらに、お腹が冷えやすい人は、おなかまで生地があるものを選ぶと安心です。胸が小ぶりな人は、インナーがずり落ちてしまう可能性があるので、胸をしっかりホールドしてくれるバンドゥブラがおすすめです。

見せても大丈夫なブラストラップに付け替え

インナーのストラップを下着に見えない、おしゃれなデザインのものに替えて、あえて見せてしまうという手もあります。このやり方ならインナーがずれてしまう心配がないので快適です。目立つストラップはイヤだけど、ずれるのもイヤという人は、透明なストラップに付け替えると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?ちょっとしたことに気をつけるだけでオフショルダーの服を素敵に着こなすことができます。まだまだ暑い日は続くので、爽やかなオフショルダーコーデにぜひトライしてみてくださいね。

トップへ戻る