経口摂取は分解される!コラーゲンは体内でつくろう!

肌のハリがない時や、疲れを感じた時など、コラーゲンを摂るように意識している女性も多いのではないでしょうか。最近ではドリンクタイプのものや、サプリメントなど種類も豊富。どれにしようか迷ってしまうものです。ほかにも化粧品を使って肌に塗ることもありますね。そんな「飲む」「塗る」というイメージの強いコラーゲンですが、体内で作ることができるのはご存知ですか?今回は、コラーゲンを体内で作るメカニズムについて探ってみたいと思います。

コラーゲンとは

コラーゲンという言葉は、よく耳にはしますがその正体や役割については、知っているようで、実は知らない人も多いのでは?そもそもコラーゲンとは、たんぱく質の一種でアミノ酸が多数結合したものです。コラーゲンは、髪や目、皮膚や筋肉など全身の細胞に含まれ、細胞をつなぎとめるというとても重要な役割を担っています。そのため、コラーゲンが不足すると、皮膚がカサカサになったりハリがなくなったり、歯、関節血管などあらゆる場所に不調を及ぼしてしまうのです。

経口摂取は分解されてしまう

コラーゲンは、肌だけではなく人間の身体になくてはならない栄養素の一つであることは間違いありません。最近では、口から食べ物やドリンクとして取り入れるための商品が多数販売されていますし、これに頼るのが一番手軽で便利ですよね。しかし、コラーゲンはアミノ酸が結合したものなので、口から取り入れる場合、小さく分解されてしまうため、コラーゲンそのものとしては吸収されないというデメリットがあります。もちろん、コラーゲンの含有量によって吸収のされ方は異なるため、口から取り入れたものが全て吸収されないとは言い切れません。しかし、せっかくコラーゲンとして吸収されるつもりで買ったのに、なんだかとても残念ですよね。

では、どうやってコラーゲンを取り入れたらいいのかと悩んでしまいますが、取り入れるのではなく体内で作るという方法があるのです。

コラーゲンを体内で作る

コラーゲンはアミノ酸が結合したものなので、吸収された別のアミノ酸を使って再びたんぱく質の合成が行われればコラーゲンを作ることができます。つまり、体内でリサイクルを行い、コラーゲンを再生しているのです。そう考えると、コラーゲンの材料になるものを積極的に食べるように意識すれば、身体の中でコラーゲンが効率よく作り出せるというのがイメージできるのではないでしょうか。

必要な栄養素

具体的に体内でコラーゲンを作るためには以下の栄養素が必要になります。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

プロリンとリジン

プロリンとリジンとは聞き慣れない栄養素かもしれませんが、アミノ酸を生成するためには必要不可欠!鶏の胸肉や、豚肉、そして乳製品大豆製品に多く含まれています。

亜鉛

亜鉛は、コラーゲンを作る酵素に必要な栄養素です。豚のレバー牡蠣、牛肉などに含まれているので亜鉛も意識して食べるようにしましょう。

ビタミンC

ビタミンCは酵素の働きを活性化させてくれます。レモンいちごなどのフルーツのほか、ピーマンブロッコリーなど野菜にも含まれているので、サラダに取り入れると彩りが豊かになりますよ。

これらの食品を上手に組み合わせて食べることで、体内でコラーゲンを作り出すことができます。三食バランスよく食べるのがベストですが、外食が多い日などには、サプリメントなども補助食品として取り入れるのもおすすめです。

栄養を摂ったら運動で活性化

必要な栄養素を摂っても、食べるだけではコラーゲンは増えません。体内でコラーゲンが作られたとしても、それは分子レベルの状態なので、血行を良くして全身に運ばなければせっかく作られたコラーゲンが活性化しないのです。そのためには、適度な運動をして新陳代謝を促し、血行を良くしてあげることが重要なポイントです。ウォーキングやストレッチなど軽めの運動でも血行を良くすることができるので、食べた後は適度に動いてコラーゲンを全身に送ることも意識してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか。コラーゲンが含まれた食べ物を食べるという発想から、身体の中で作り出すという発想へ。身体の中では人が生きていくため、細胞レベルで個々の役割を全うしてくれています。その活動をサポートするため、食事や運動にも意識を向けると、日々の生活にメリハリが生まれるかも。ぜひ参考にしてみてくださいね。

トップへ戻る