女はあざとくて良い!可愛い泣き方のコツ教えます♡♡

「涙は女の武器」はもう古い?そんなことない!

すぐ泣く女の子って面倒って思われがち?
でも可愛く泣く女の子にはキュンとしちゃうのが男の人です。
わんわん化粧崩しながら汚く泣くんじゃなくて、
泣き方を綺麗に可愛くするコツを教えます!

可愛い泣き方のコツ①まずは目に涙を溜めましょう

涙が出てきたらそのままにしてる泣き方はダメ。
ポイントは涙が出始めたら目に涙を溜めること。
涙が出てくるとすぐ瞼を閉じたくなりますが
ちょっと目を開けたままキープ。
もう我慢できないというところでポロっと涙を流します。
ポイント▶涙は粒大きめでポロポロと。
頬に涙が伝うよりも手や床に落ちるように少し顎をひくと◎

可愛い泣き方のコツ②涙は拭わない

涙が出てくると手やティッシュで拭いたくなりますが、
これも我慢して流し続けるほうが良いです。
拭ってしまうと涙が顔に滲んでしまいます。
どうしても拭いたくなってしまったら軽く押さえるようにしましょう。
擦るのは駄目です!そして拭ったハンカチなどは化粧で
黒くなってることも…相手に見せない様に気をつけましょう。

可愛い泣き方のコツ③姿勢は正しく

泣き始めて感情爆発して猫背になっちゃわないように気を付けて。
背筋をまっすぐ首筋が綺麗に見えるように意識しましょう!
下を見る時は顎を引く程度で◎

可愛い泣き方のコツ④鼻水には注意

泣いていると鼻水が段々出てきちゃう…
これも涙同様流しっぱなしは絶対ダメ!
下まぶたを指で下げてみると、
赤目の隅に穴があるのを知っていますか??
この小さな穴に涙が入ると鼻から水が垂れてきてしまうとか…
これは顔に角度をつけたりして調節するのが◎
どうしても鼻水出ちゃう~って時は
そっとハンカチでおさえて隠しましょう。

可愛い泣き方のコツ⑤声は小さく

泣く時の声がわんわんしないように注意。
最初はまだ良いけどずっと
大声で泣かれたらちょっと困っちゃいますよね…
なるべく声は控えめが良いみたいです◎
泣くとき口を開き過ぎないようにするのがポイント!

泣き方も大切だけどメイクがとっても大事!

泣き方がいくら綺麗で可愛くても、アイメイクがだらだらと
黒く流れていったらもうそれは悲惨でしかないですよね…。
顔がぐしゃぐしゃにならない為にも感動映画を観に行く、
泣きそうな場面がありそうな日のアイメイクはウォータープルーフを。

▶出来ればアイラインやマスカラは上だけが良いです◎
下もやりたくなるけど、泣き顔ブスになりたくない時は我慢して!
▶アイシャドウは暗めにせずに明るめの物でラメやパールが
入ってる物だと泣いている時にキラキラして綺麗♡

あざとくても良い。泣き方が可愛い…て思わせたらこっちのもん♡

泣き方にこんなにこだわるの?と思いますが、
ポイントを押さえればそんなに難しくない!
綺麗に可愛く泣いて相手をキュンとさせちゃいましょう♡
トップへ戻る