突然の訃報でも慌てない!友人・知人の《葬儀参列での服装マナー》

親しい友人・知人の訃報は、予期せず突然に入ってきます。

また、冠婚葬祭で着用できるフォーマルスーツをすでに持っている方は、小さなお子さんを育てる世代では、多くはないことでしょう。

今回は、突然の訃報を受けた時に、参列者としてどのような服装で葬儀に参列すれば良いのか。服装マナーについてお届けします。


葬儀参列での服装マナー:訃報を聞いたら《弔問するかしないか・いつするか》をまず考えましょう

zozo.jp

訃報を聞いたら、まずは「弔問するかしないか」「いつするか」を考えましょう。

一番大切なことは、故人のご遺族・近親者に負担をかけないよう配慮することです。

いつ弔問するかは、故人とのお付き合いの度合いによって違ってきます。

弔問するタイミングでは、次のことに気をつけましょう

①とても親しい間柄でない限り、死去直後の取り込み中は避け、通夜や葬儀の時に弔問する

②都合ですぐに弔問できない場合は弔電を打つ

③自分の家族などに慶事(祝い事)を控えている、自分が出産を控えている場合は、葬儀に参列せず弔電を打つ

④故人が子どもの場合、同年代の子どもを連れての参列は遠慮し、自分だけで参列ができなければ弔電を打つ

通夜・葬儀に参列する場合は、訃報は突然知ることになるので、服装に関してこちらの準備が整わないこともあります。

そんな時は、黒や濃いネイビー、グレーなどの地味な色・デザインの服装であれば、失礼にはなりません。

アクセサリーをつけず、お化粧はラメやパールなどの光やツヤのある質感のコスメは使わず、控えめにしましょう。

通夜・葬儀に参列する時の服装マナー:《成人女性の場合》

zozo.jp

これからフォーマルスーツを購入する時には、下記のポイントを参考に選んでみましょう。

①色

通夜の場合は、黒・濃いネイビー・グレーなどの地味な色。葬儀の場合は黒。

②デザイン

肌を露出しないデザインのスーツかワンピース。

スーツの場合、パンツは「略式礼装」としては問題ないとされています。自分が故人の三親等までの親族の場合、「正式礼装」となるので注意が必要です。

スカートの場合は、膝上が露出しすぎない丈にしましょう。スーツにブラウスを合わせる場合、透ける素材・フリルやレースがついたものは避けます。

③ストッキング

④バッグ・靴

光る素材の金具などがついていない、マットな質感の黒いバッグと靴

⑤アクセサリー

結婚指輪以外は外します。ヘアアクセサリーも避けます。

⑥メイク

光る質感(ラメ・パール)のコスメは使用せず、控えめに仕上げます。

また、真冬に参列する場合の防寒着についても注意が必要です。

殺生をイメージさせる皮革・毛皮のジャケットやコートは、色が地味であっても会場に着て行かないようにしましょう。

通夜・葬儀に参列する時の服装マナー:《子どもの場合》

zozo.jp

通夜・葬儀に子どもと一緒に参列する場合、子どもの服装にも、大人と同様の配慮が必要です。

子どもの服装のポイント

①学校の制服があればそれを着用する

②白のシャツかブラウス・紺のスカートかパンツ

③上着は紺のベストかジャケット

④白い靴下

⑤地味なカラーの靴

派手な色・キャラクタープリント・フリルなどの飾りがついた服は避けましょう。

突然の訃報に戸惑い、弔問の際に失礼にならないよう、服装のマナーについて解説しました。

万が一の時のためにも、葬儀参列の服装マナーを知っておくことは大切です。

故人だけでなく、ご親族にも失礼のないような心遣いと服装で参列しましょう。

トップへ戻る