藤本家は家事分担なし!芸能人一家の驚愕な「家族ルール」とは?

毎日仕事が忙しいパパと、子育て全般を任されるママ。家事も仕事も、二人で分担する家族。

家庭によってその生活スタイルは様々ですが、一人で行うことではないので、家族内で問題が起きてしまうこともありますよね。

「みんな、どんな風に上手にやっているの!?」と思うことも、1度はあるはず……。

今回は、芸能人独自の家族ルールについて、ご紹介します。


驚愕!?芸能人の家族ルール:木下優樹菜さん「汚い部分の掃除はパパが担当」

「夫婦は、ただ好きなだけではやっていられない!」と、包み隠さず女性側のリアルな意見を世の中に発信し、ママたちの共感を集めている、タレントの木下優樹菜(きのしたゆきな)さん。

木下優樹菜さんの家庭では、独自のルールが決められているのだとか。それは、「家事を分担しない」というもの。

最近では、気づいた人が家事をするという“家事シェア”という言葉が注目されていますよね。

結婚7年目の木下優樹菜さんと藤本敏史(ふじもととしふみ)さんご夫婦は、敢えて家事を分担しないのだとか!

結婚前に藤本敏史さんが、「汚い部分は、汚い顔の俺がやるから安心しな」と言ってくれたそうで、「排水溝の掃除」と「ゴミ出し」に関してはパパが担当しているそうです。

木下優樹菜さんは、この言葉が結婚の決め手になったと後に明かしています♡

驚愕!?芸能人の家族ルール:堀ちえみさん「掃除は兄弟で当番制」

ameblo.jp

芸能界の子だくさんママとしても有名な堀ちえみ(ほりちえみ)さんは、なんと7人のお子さんを育てています。

兄弟がいるママの悩みの一つとして挙げられるのが、家事の分担。

堀ちえみさんは、

兄弟関係は平等が大切。みんな同じように愛情も注いでね

出典: https://ameblo.jp/horichiemi-official/entry-12070856440.html

と、誰かにだけ負担がかかってしまうのではなく、いかに平等に分担させるかが大切なのだと語っています。

当番制にすることで、平等を実現できているのが、 「お風呂の浴槽洗い」「ポストの中の郵便物と新聞取り」「ゴミの日のゴミ出し」なのだとか。

もしも部活や合宿などの都合でできない日があれば、誰かと交代してもらうことで、平等にさせています。

大家族の子育ては大変ですが、子どもに家事を手伝ってもらうことで、ママも少しは負担が減りそうですよね♡

驚愕!?芸能人の家族ルール:西川史子さん「家族順番に悪口を言う」

www.horipro.co.jp

女医でタレントの西川史子(にしかわあやこ)さんも、幼少期には家族独特のルールが存在していたことを明かしています。

それはなんと、「家族で順番に悪口を言う」というもの!

これは、“外で悪口言わない”ために設けられたものなのだそうです。

家族間での悪口の内容は、お母さんからの近所の奥さんの愚痴や、西川史子さんの学校の可愛い子の愚痴など。

本気の悪口ではなく、このようなちょっとした可愛らしい内容の愚痴を話すそうです。

実際には、あまり話を聞いてくれない男性も多いですが、敢えてこうした時間を設けることで、ストレス発散にもなりそうですよね♪

驚愕!?芸能人の家族ルール:満島ひかりさん「毎朝5時に起きて家族会議」

素晴らしい演技力が評価され、今では押しも押されぬ大女優となった満島ひかり(みつしまひかり)さん。

プライベートを明かす機会の少ない女優という職業についている満島ひかりさんですが、実は、家族間で変わったルールがあったそうです。

満島ひかりさんのご両親は、二人とも体育教師でした。ゆえに、子育てもかなりの体育会系だったそうです。

印象的なエピソードとして、 毎朝5時に起き、朝の挨拶の後に「ミーティング」を行うというものがあります。

このミーティングの内容は、家族それぞれの“今日の予定”がメインなのだそうですよ。

その他にも、体育会系なルールがあった満島家。

例えば、指笛が鳴ると、「3秒以内にお父さんの前にみんなで集合しなければいけない」ことや、 集合の挨拶が長女である満島ひかりさんの役目だったことなど……。

ハキハキとした演技が魅力な満島ひかりさんですが、こうした家族のルールの影響があったのかもしれませんね♡

ちょっと驚いてしまうような、芸能人の家族ルールをご紹介しました。

敢えて家族の独自ルールを作ることで、家族関係や夫婦関係が良くなるのかもしれませんね♪

トップへ戻る