眠れない夜に試したい、ぐっすり眠れる6つの方法

次の日大事な会議があったりデートでお肌のコンディションを整えたいのにどうしても眠れない!眠ろうとするほど焦って余計に眠れなくなりますよね。

そこで今回は眠れない夜に試して欲しいぐっすり眠るための6つの方法をご紹介します。

眠れない夜に試したい、ぐっすり眠れる6つの方法

1.外部の刺激をシャットアウトする

PClarge-19
テレビの音やスマートフォンのブルーライト、電気の光など外部からの刺激で神経が過敏になるとなかなか眠れません。

またそのような状態で眠りについてもかえって疲れが溜まってしまうことも。眠る30分前にはテレビやスマートフォンは消して部屋はなるべく暗くしておきましょう。

2.足を暖める

atatame
頭を冷やして足を暖める「頭寒足熱」という言葉にもあるように下半身を温めると寝つきが良くなると言われています。

暑い時期には通気性もあり肌触りの良いシルクの靴下を履くなどして下半身を温めつつ氷枕で頭を冷やすと能の温度が下がり自然と眠気が起こります。

3.目の周りの筋肉をほぐす

デスクワークなどで目が疲れている人は目の周りを温めたり目の筋肉をほぐすだけでもリラックスして眠気を誘うことができます。

  • 目をぎゅっと思い切りつぶります。
  • 目をパッと開きます。
  • 目玉を左右、上下の順で動かします。

さらにホットアイマスクなどを使用するとより効果的です。

4.短い日記をつける

日記
忙しかったり精神的に疲れたという日は神経が高ぶってなかなか眠れないことがあります。そんなときは日記を書くだけで自律神経のバランスが取れスッキリと眠りにつくことができます。

日記は5行程度の短い文章でOK。ただしスマートフォンのアプリなどはブルーライトの影響で目が覚めてしまうのでノートに書くようにしましょう。

5.ヒーリングミュージックを聴く

ヒーリングミュージックやクラッシック音楽などのα波は脳をリラックスさせる効果があります。自分の気に入った音楽を小さめの音量でかけることで睡眠の導入を促すことができます。

6.全身の力を抜く

ベットに横になっていても人間の身体には意外と力が入っています。そこで両手・両足・頭の順番に身体の力を抜いていきます。筋肉を緩めることを意識して身体の力を抜くのがポイントです。

眠れる

睡眠に大切なのは身体をリラックスさせること・眠れる環境を整えることです。眠れないからといって焦らず色々な方法を試してみると良いでしょう。
トップへ戻る