睡眠前のひと工夫で寝ている間に脂肪が燃える!?睡眠ダイエットのすすめ

実は、私たちは寝ている間にも痩せているってご存知でしたか?睡眠中には脂肪を分解する成長ホルモンが分泌されるため、一晩で約300kcalもの脂肪が消費されるのです。つまり、睡眠だけで、1ヵ月1,000kcal近く消費することができるはずなのです。しかし、質の良い睡眠をとれていないと、カロリーがあまり消費されず、身体に脂肪がついてしまいます。そのため、しっかりと良質な睡眠をとって、成長ホルモンをたっぷり出す必要があるのです。この成長ホルモン、寝る前にちょっと工夫をするだけで、分泌される量を増やすことができるんですよ。食事制限やハードな運動のようにしんどい思いはせず、気持ち良く痩せられる睡眠ダイエット…そのやり方をご紹介します!

痩せる睡眠が叶う!夜の習慣

深呼吸でリラックス

1日のストレスや心配ごとを引きずったまま寝床につくと、深い眠りが妨げられてしまいます。そんな時は、吸う息が1に対して吐く息が1.5くらいの割合になるように呼吸してみましょう。リラックスを司る副交感神経は息を吐いた時に優位になるため、深い眠りにつきやすくなります。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

ヨガやストレッチでガチガチの身体を解放

寝る前に疲れやストレスでガチガチになった身体をヨガやストレッチでほぐすとリラックスして深い眠りにつきやすくなります。ストレッチで血行を良くすると、寝ている間の脂肪燃焼効果も高まるので一石二鳥です。


  • 肩甲骨をほぐして安眠☆「針の糸通しのポーズ」でゆる~り極楽検証


  • 時間帯別ストレッチで運動不足解消!朝と夜のストレッチ

寝るための機能性にこだわったパジャマを着る

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

身体が冷えると眠りは浅くなります。キャミソールやタンクトップで寝ている人は、肩や背中までカバーしてくれるパジャマに変えると良いでしょう。中でも、身体を締め付けず、吸湿性に優れていて、肌触りが良いパジャマを選ぶと安眠しやすくなります。

入浴で深部体温を上げる

深い眠りにつくためには入浴でしっかりと身体を温めることが大切です。就寝の1時間前までに38~40℃のぬるめのお湯に10分ほどつかりましょう。入浴後は血行が良くなった身体から熱が放出され、身体の内部の温度が少しずつ下がっていきます。それに伴い、眠気が生じてくるので、そのタイミングで寝ると深い眠りにつきやすくなります。お風呂に入れない時は、39~42℃のお湯に両手か両足を3分程度つけると良いでしょう。

寝る前に食べると痩せ体質になれる食材

“寝る前に食べると太る!”というのは、もはや常識ですよね。しかし、実は寝る前に食べるだけで痩せやすくなる食材が存在するのです。ここでも登場するのが成長ホルモン。成長ホルモンの分泌をサポートしてくれる食材を寝る前に食べれば、寝ている間に痩せやすくなるというわけです。そのほかにも血流を良くして代謝をアップさせたり、リラックスさせて安眠に導く食材が睡眠ダイエットのサポーターとなってくれます。ただし、食べ過ぎには要注意。胃に負担をかけすぎると、かえって熟睡できなくなってしまいます。また、寝る前に食べて良いといっても、寝る1時間前までには食べ終えるようにしましょう。

ハチミツ

寝る前に甘いものを食べるなんてこと、ダイエット中はしないと思いますが、少量のハチミツはむしろダイエットの助けになるんです。寝る前に大さじ1~2杯のハチミツを摂ると、成長ホルモンの分泌を助けて脂肪が燃焼しやすい身体を作ってくれます。寝る前に糖質を摂りすぎては太ってしまうので、砂糖を入れていない「純粋ハチミツ」を選ぶのがおすすめです。

ナッツ

ナッツには血管を柔らかくする作用があるため、血液がスムーズに流れるようになって代謝が上がります。

バナナ

バナナには成長ホルモンを活性化させる作用があります。また、食物繊維が豊富なため、便秘解消効果も期待できます。さらに、バナナに含まれる栄養素は“幸せホルモン”セロトニンを合成してくれるので、心を安定させ、深い眠りへと導いてくれます。

豆乳

豆乳には体脂肪を減少させる作用があります。また、セロトニンを増やす作用もあるので、安眠を妨げるイライラを落ち着かせてくれます。ただし、大豆製品は摂りすぎるとホルモンバランスを崩す可能性があるので、一日の摂取量を意識して100ml~200ml程度を飲むようにしましょう。

納豆

納豆に含まれる酵素は血液をサラサラにして、代謝を上げる作用があります。

ヨーグルト

ヨーグルトは朝食べる習慣にしている人も多いと思いますが、実は夜食べる方が、整腸作用が発揮されやすいといわれています。これは、ヨーグルトに含まれる乳酸菌のほとんどは、腸に届く前に胃酸で死滅してしまいますが、睡眠中は胃酸の分泌が減るので、腸まで届く乳酸菌が増えると考えられているからです。そのため、夜食べる方がよりデトックス効果や便秘解消効果によるダイエット効果が期待できるのです。

まとめ

現代を生きる女性は残業やストレスで睡眠不足になったり、睡眠の質が悪くなったりしがちですよね。でも、だからこそ質の良い睡眠ができるように、ちょっと工夫をするだけでダイエットや美容に効果テキメンかもしれません。ぜひ試してみてくださいね。

トップへ戻る