今日の服は何色?選ぶ色に表れるアナタの心理状態とは?

今、あなたが着ている服は何色ですか?ほとんどの方が、その日の“気分”で選んでいることが多いと思います。しかし、何となく選んだ服の色が、今の心理状態を表しているとしたらちょっと面白いと思いませんか?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

実は、選ぶ色と心理状態は深く関係していて、無意識にその色を選んでいるといわれています。今回は、今のあなたの気持ちがわかる、色の知られざるパワーについてまとめてみました。

あなたは何色?まずは今日の服でチェック!

ではさっそく、今あなたが着ている服の色の系統を、下の色から選んでみましょう。当てはまらない場合は、好きな色でも、直感で選んでもOKです。

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

赤:気力と体力があり、充実している

赤色は、色の中でも目につきやすい色であり、インパクト大。気力やポジティブな気持ちにあふれている場合が多く、新しいことにチャレンジしたり、人を引っ張っていくといったリーダー的な気分に満ちている時に選ぶようです。

また、赤は人間の感情的興奮や刺激をもたらすことから、女性が赤い服や小物を身に着けているだけで、男性からも魅力的に映りやすいといわれています。逆に、同性からは自己主張が強く性的なアピールを感じさせることもあるため、上手に使い分けるといいでしょう。

黄:開放的な気分で注目されたい

黄色は、見るだけで人の心を解きほぐし初対面の人とも会話が弾みやすくなる効果もあることから、とても開放的な明るい気持ちにあふれている時に選ぶといわれています。第一印象を良くしたい時には、きっと頼もしい味方になってくれるはず。

一方で、黄色は少し幼稚で軽率な印象を与えることもあるので注意が必要です。また、神経や感覚が敏感になっている時にも黄色に目がいきやすいといわれています。

白:心が落ち着いていて素直になれる

白色は、心が澄んでいて真面目さ誠実さを表す色。このキレイな心を誰かにくみ取ってほしいという状態に選ぶことが多いよう。また、存在感を主張するような色であるのと同時に周囲からは潔癖なイメージをもたれがちなので、少し近寄りがたさを和らげる雰囲気を出すといいかもしれません。

ビジネスシーンや少し改まった印象を演出したい時はもちろん、今までのイメージを一新させたい時などにおすすめの色です。

ピンク:周りに優しくできる時

周囲の人の相談に乗ってあげたい、優しくしてあげたいといった愛に満ち溢れている時にピンクを選ぶことが多いでしょう。さらにピンクには、相手に幸福感癒しを与えてくれる効果があるといわれています。

周りへの思いやりが欠けていたり、ストレスでイライラしたりしがちな時にはピンクを積極的に取り入れるといいでしょう。ただし、やりすぎは禁物です!

青:自分に素直で何事も頑張れる時

青色は、心身の興奮を沈めるとともに、感情を抑えてくれる色。広大な海のように穏やかで寛容な気持ちを表す青を取り入れた時は、感情に左右されずに物事を冷静に判断できる時期といえるでしょう。

女性の場合は、知的で気品のあるイメージを与える反面、見る人によっては冷静さが上回って冷めている・冷たいなどといった印象になることも。特に、真面目な女性が身につけると、男勝りな印象を与えてしまうので気をつけましょう。

黒:強く見られたい気持ちの表れ

周りから自分が特別な存在と見られたい時に選ぶ、黒。ひょっとしたら、あなたの中に強い信念で何かを成し遂げたいという気持ちはありませんか?逆に、「周りから強く見られたい」「ここは譲れない」といった交渉の際に、黒を基調としたスタイルにすると強気な姿勢が伝わりやすいといわれています。

落ち着きのある大人の雰囲気やスマートさを出したいときにはおすすめの色ですが、黒い服ばかり着続けると気持ちがネガティブになりやすいので、上手に取り入れるようにしましょう。

緑:穏やかで協調性を好む

緑色は、「周りの人から好かれたい」という気持ちが強い時に選ぶ色。また、協調性を重視する傾向もあり、誰かを助けてあげたい気持ちで満ち溢れています。水や森などの自然や平和をイメージさせる色なので、心をリラックスさせてくれる効果も。

一方で、緑色は刺激の少ない色のせいか、優柔不断や地味といった印象を与えることも。緊張を解いたり、自然体で柔らかい雰囲気を出したりしたい時は、小物に取り入れてアクセントにするなど使い方を工夫するといいでしょう。

紫:精神的に余裕がある

大人として落ち着いた振る舞いをしたい時に選ぶことが多い紫色。感覚的にも鋭くなっていて、直感的に物事を判断できる時でもあります。色彩心理学では、男性は本能的に紫色やラベンダー色に女性的な魅力を感じるという研究結果もあるのだとか。

赤でもなく青でもないといった二面性があるところから、本当の自分と周りから見た自分にギャップを感じている可能性も。また、紫を多用すると同性から異性に媚びているイメージをもたれやすいため、誤解されないように全体のバランスを見ながら取り入れましょう。

色を使い分けて印象アップに役立てよう!

普段、私たちは色に囲まれた生活を送っていますが、色が人の心を表しているとは意外に思われた方も多いはず。それぞれの色の特徴をふまえながら、TPOに合わせてファッションを楽しんでみてくださいね。

トップへ戻る