ぱっちり目元を叶えましょう♡奥二重さんにおくるアイラインの引き方

奥二重ってどんな目?

まぶたが二重の上にかぶさっている目

width='399'

奥二重とは、二重の上にまぶたがかぶさっている目の形のことをいいます。
目尻に向かうほど、二重の幅が見えてくるのが特徴です。

メイクが見えにくい

width='399'

奥二重の最大の悩みは、せっかくのアイメイクが、上にかぶさるまぶたによって隠れてしまったり、よれてしまったりすること。
でも、メイクの仕方を変えれば解決することができます。

いろんな印象になれる奥二重

width='399'

奥二重は二重に比べて、キリッとしていてクールな印象に見られがち。
でも、アイライン一つで可愛い印象や清楚な印象にもなれるのが奥二重の魅力です♡

目元に合ったアイライン選び

width='399'

奥二重の魅力を引き出すにはアイメイクがポイント! 中でもアイラインは引き方一つで、印象を変えることができる便利なアイテム。
種類も様々なので、自分に合ったものを選びましょう!

ペンシルで作る目元

初心者にオススメ

width='399'

ペンシルタイプとは鉛筆のような形をしているものです。
線がはみ出したり、太くなったりしてしまっても、綿棒などでぼかしやすいので、初心者にオススメ♡

ペンシルタイプの引き方

width='399'

奥二重の人のアイラインの引き方は、まつ毛の隙間を埋めていくのが基本です。
まつ毛の根本が見えるぐらい、まぶたを上に引き上げ、少しずつ書いていきます。
手が震えてしまう人は、机に腕を置いてからやると、やりやすいですよ!

ナチュラルなアイメイク

width='399'

ペンシルで描いたアイラインは他のものと比べて、ナチュラルな仕上がりに。
また、奥二重のキリッとした印象を和らげ、可愛い目元に近づけてくれます♡

リキッドタイプで作る目元

目力が欲しい人にオススメ

width='399'

リキッドタイプは筆のような形をしていて、スーッとなめらかに引くことができます。
ペンシルタイプのものより、はっきりとした線がかけるので目力が欲しい人にオススメ♡

リキッドタイプの引き方

width='399'

まずが黒目の上から目尻へ、その後は黒目の上から目頭へ引くのが基本。
奥二重の人は乾く前に目を開けてしまうと、まぶたについてしまうので要注意! 目尻を長めに引くと、目が大きく見えます!

リキッドで切れ長目元に

width='399'

リキッドアイライナーで作るオススメのイメイクは切れ長メイク。
目尻のラインを少し上にはねるように描くと、クールな印象の目元に♡

ジェルタイプで作る目元

ペンシル&リキッドの役割

width='399'

ジェルタイプは、ペンシルとリキッドの両方を合わせたような便利なもの。
ペンシルのようにぼかすこともでき、リキッドのように細い線をスーッと引くことができます。

ジェルタイプの引き方

width='399'

ジェルタイプは奥二重の部分から、少しずつ筆で描いていきます。
この時、筆をスタンプのようにポンポンと押すように線を埋めていくのがポイント!

たれ目風メイクで愛され目元

width='399'

ジェルタイプはにじみにくいのが一番の特徴! そんな特徴を生かして、目尻のラインを少し下げると、誰からも愛されるタレ目風の目元になれます♡

アイラインでなりたい目元に

今まで奥二重だからといって、パッチリ目元を諦めていた方も多いのではないでしょうか? アイラインは目の印象を変えてくれる重要なメイクの一つ! そんなアイラインをマスターすれば、なりたい目元になれること間違いなし♡ ぜひ、自分に合ったものを見つけ、パッチリ目元を手に入れてみてくださいね。

トップへ戻る