正しく効果的に使いましょう。片想いに有効な恋の駆け引きのポイント5つ | Na美|働く大人女子のライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

正しく効果的に使いましょう。片想いに有効な恋の駆け引きのポイント5つ



現在、片想い中のあなたは、両想いに向けてどんな工夫をしていますか?ときには長く辛い気持ちも経験する片想い。できることなら、早く想いを伝えて幸せになりたいですよね。片想いに有効な恋の駆け引きの方法を知って、より好きな人との距離を縮めてみてください。さっそくご紹介しましょう。

有効な駆け引きの方法

押し引きのある連絡

width='399'

知り合って間もない頃は、自分のことを伝えたり、相手の男性を知ったりするために、まめに連絡をとりましょう。
自分への返信が負担に感じない程度に、好きな人と会話を続けてみてください。

次第に、相手の生活の中にあなたとのやりとりがなじんできて、いつの間にか会話が日課に。
そうしてお互いの関係に慣れてきた頃、あなたがパタッと連絡をしないようにすると、相手の男性は「どうしたのかな?」と心配するでしょう。
そうなれば、駆け引きは成功です。

行きたい場所をアピール

width='399'

好きな人となんでもない会話をする中で、あなたの行きたい場所をさりげなく盛り込んでみましょう。
特段誰と行きたいかは触れずに、「SNSで見てすごくキレイだったから行きたい」「友人がとっても良かったって言っていたから自分も行ってみたい」などと、出かけたい欲があることを伝えるのです。

いつもそんなふうにしていると、言われた方の男性は「自分と行きたいってことなのかな?」と、次第に考えるようになるはず。
さらに自分を意識してもらえるように駆け引きを使うことも、片想いには有効です。

ちょっと触れてみる

width='399'

軽く手が触れ合ったり、ちょっとぶつかったりする程度を心がけて接触してみると、男性の心をドキッとさせられます。
わざとらしさがないように振る舞うことが、相手の気を引くためのポイントです。

「あっごめんなさい」と気まずい様子を見せて、男性の顔色をチェックしてみてください。
動揺していたり、優しく「大丈夫」と言ってくれたりすれば、自分の片想いが脈ありかどうか判断する材料になるでしょう。

思ったことを言ってみる

width='399'

好きな人との関係性を考えて、仲良くなってきたなと思う頃であれば、あなたが感じたことを率直に言ってみるのも、駆け引きとしては効果的です。
「なんかそれ変だよ」「おかしいんじゃない?」などと、素直にあなたの意見を伝えてみましょう。
相手の男性に嫌われたくなくて、なかなか言い出せない気持ちもわかります。

しかし、言いづらいことを言ってくれる人がそばにいることに男性は気づき、あなたの印象がより強く残る可能性がアップするはず。
自分にありのままの姿を見せてくれているのだと男性が実感できるため、安心感を与えることにもつながります。

ふたりきりでなくあえて大勢

width='399'

好きな人を自分に振り向かせたかったら、ふたりきりのときにアピールするのがいいと考える人もいるでしょう。
しかし、あえて大勢で集まる機会を作り、その中であなたの存在感を示したほうが、より相手の関心を高められるときもあります。

大勢いる中でも、あなたとはよく話していたなと男性が感じれば、駆け引き成功です。
一緒にいて楽しいと思える存在に、あなたがなることができれば、両思いに一歩近づいたことになりますよ。

いかがでしたか?

片想い中は、うまくいかなかったらどうしようなどと不安になることも多いでしょう。
しかし、行動を起こさなければ、前へはすすめません。
駆け引きを有効に使いながら、両想いへ近づけていきましょう。
周囲の友人もサポートしてくれるはずですよ。

SNSで記事をシェア


トップへ戻る