クサイ?女性でも気になる頭皮の臭い対策!原因と改善方法の紹介

臭いをセルフチェックしてみよう

タオルや指に数秒間擦りつける

width='399'

まずは自分の頭皮の臭いを知ることが第一歩です。
頭皮にタオル、または自分の指を押し付けてこすり、その臭いを嗅いでみましょう。
特に一日働いた後の夕方や、シャンプーをする前が臭いが強くなる時間帯ですよ。

枕や帽子の臭いを嗅ぐ

width='399'

長い間頭が押し付けられているものにも、臭いは移りやすくなります。
毎日使っている枕や、帽子の内側でも、自分の頭皮の臭いを確認できますよ。
「クサイ!」と思ったら、何か対策をとりましょう。

頭皮が臭う原因を知ろう

汗や皮脂が臭いの元

width='399'

クサイ臭いの元はやはり汗や皮脂です。
これらを放置したままにしておくと、臭いが出てくるのはもちろんのこと、フケやかゆみなどの頭皮トラブルも引き起こします。
汗をたくさんかく夏場は、特に要注意ですね!

皮脂が不足するとかえって過剰分泌に

width='399'

シャンプーをしっかりしている方はかえって逆効果を招いているかもしれません。
シャンプーのしすぎ、すすぎすぎは頭皮の皮脂を奪います。
結果、頭皮がたくさん皮脂を分泌してしまい、ベタベタの頭皮になるのです。

髪の毛が生乾きのまま寝てしまう

width='399'

シャンプー後、ドライヤーでしっかり髪の毛を乾かさないまま寝てしまうと頭皮が臭くなります。
濡れた状態の髪の毛が枕に押し付けられると、髪の毛の中が蒸れてしまうので臭いの原因になるのです。

頭皮の臭いをケアで改善

シャンプーを見直してみる

width='399'

今お使いのシャンプーにも臭いの原因があるかもしれません。
頭皮の臭いを改善するなら、アミノ酸配合のシャンプーを選んでみましょう。
アミノ酸シャンプーは洗浄力が低めである分、適度に皮脂を残してくれます。

シャンプーの仕方を変えてみる

width='399'

シャンプーは頭皮の汚れをとるのが目的ですが、強く洗わなくても大丈夫。
軽いタッチで汚れをこすり取るイメージでシャンプーしてみましょう!朝よりも、汚れの溜まっている夜にシャンプーするのがおすすめですよ。

髪の毛をドライヤーでしっかり乾かす

width='399'

蒸れた状態をつくらないためにも、シャンプー後の髪の毛は乾かしましょう。
しかし、ドライヤーの熱を当てすぎると頭皮が乾燥して、皮脂が過剰分泌されてしまいます。
直接頭皮に熱を与えるのは避けてくださいね!

頭皮の臭いを食生活で改善

脂っこいもの、お菓子は避ける

width='399'

揚げ物もお菓子も美味しくて、ついつい食べ過ぎてしまいますね。
しかし、頭皮のことを考えるならなるべく避けましょう。
油や砂糖は皮脂の分泌を多くします。その分臭いもきつくなるので気をつけてください。

バランスの良い食事にする

width='399'

頭皮の臭いも、体が健康にならなければ改善されません。
栄養バランスを考えた食事を摂るだけでも違ってきますよ!ビタミンやミネラルは髪の毛を健康に保ちます。
臭いを改善しつつ、美しい髪の毛も手に入れましょう♪

頭皮の臭いもきちんとケアしよう

髪の毛が綺麗でも、どんなに可愛くメイクしても、臭いがクサかったらすべてが台無しになってしまいます。
体の臭いを気にするのと同じように、頭皮の臭いもセルフチェックしましょう。
状態によっては簡単に臭いが消えることもあるので、まずは試しにご紹介した方法を実践してみてくださいね!

トップへ戻る