髪パックにスタイリング…。”ウェットヘア”も作れるベビーオイルが万能すぎ!

「ウェットヘア」はベビーオイルで簡単につくれる

ウェットヘアとは?

width='399'

ウェットヘアとは、髪の毛にオイルやムースをつけて濡れたような髪に見せるスタイリング術です。
最近ではオシャレ女子の間で注目を集めています。

髪に揉みこむだけ

width='399'

ベビーオイルを使ったウェットヘアのスタイリングはとても簡単!

ベビーオイルを手に取り、乾いた髪に揉みこむだけです。
ベトベトすることもあるので、付けすぎには要注意です。

束になるようにスタイリング

width='399'

束を作るようなイメージで、髪にクシのように指を通して揉みこむことがポイント。
バランスを見ながら、ベビーオイルの量を調節してくださいね♪

ベビーオイルで髪パック

シャンプーに混ぜる

width='399'

ベビーオイルを使って、ヘアパックをすることも出来ちゃうんです!
シャンプーにベビーオイルを少量混ぜて、普段通りに髪を洗うだけ♡

パサつきが減る

width='399'

ベビーオイルを混ぜることによって、髪が乾燥するのを防いでくれますよ。
パサパサでまとまらないという方は、ぜひ一度試してみては?

梅雨の時期のうねり防止にも使える!

髪の毛を濡らしてから

width='399'

髪のボリュームが気になる梅雨の季節がやってきましたね。

そんな時にもベビーオイルが活躍します!まずは髪の毛を軽く濡らしましょう。

しっかりと全体に塗る

width='399'

ベビーオイルを手に取り、髪の毛全体に馴染ませていきます。

毛先は、乾燥しやすいので枝毛や切れ毛が気になる場合はベビーオイルをプラスして塗ってもOK!

丁寧にブローを

width='399'

髪の毛にベビーオイルを馴染ませたら、丁寧にドライヤーでブローをします。

一点に当て続けるのは髪にとってダメージとなるので、注意しましょう。

ベビーオイルを使うときの注意点

付けすぎには注意!

width='399'

ベビーオイルを付けすぎると、頭皮や髪の毛がベタついてしまうので、様子を見ながら量を調節することが大事!

パサつきが気になる部分には、重ね付けでOK。

すすぎを多めに!

width='399'

ベビーオイルは油なので、普段行っているシャンプーの仕方では落ちないことが多いです。

ベビーオイルを使ったときは、いつもよりすすぎをしっかりと行うようにしましょう!

使い方のバリエーションが豊富なベビーオイル♡

ベビーオイルの使い方はお分かりいただけましたか?

使い過ぎもあまり良くないので、量を考えて使うようにしてくださいね♪
赤ちゃんの肌ケア用品として多く知られているベビーオイル。

ぜひ、試しに使ってみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る