なりたいを叶える魔法のひと塗り♡絶対きれいになれるリップメイク方法

リップメイクで印象が変わる

唇は元気のバロメーター

width='399'

あなたの唇が暗い色をしていると、「元気がないのかな」と周りに思われているかも。
また、唇の色が薄いと、顔の印象が、ぼやけて見えてしまうことも。
リップメイクは、顔にメリハリと明るさを与えてくれるでしょう。

自分に合う色をつける

width='399'

口紅の色は、あなたの肌色に合わせて選ぶことがベスト。
もしトレンドの色を付けても、しっくりこない時は、あなたの肌色と合っていないのかも。
リップメイクで失敗しないために、自分に合う色を知っておきましょう。

唇のケアの方法

リップクリーム

width='399'

乾燥で荒れた唇では、リップメイクをしてもシワが目立ち、キレイに仕上がりません。
リップクリームなどで、保湿をしましょう。
また、余計な油分は口紅が落ちやすくなるので、付けた後はティッシュで軽くオフします。

リップパック

width='399'

お家で出来るリップケアでは、リップパックがおすすめです。
蒸しタオルで温めた唇に、ワセリンやリップクリームを塗ります。
そのままラップで覆い、5分程置いておきましょう。
最後にやさしく拭き取ったら終了です。

口紅の塗り方

コンシーラー

width='399'

コンシーラーを使い、唇のまわりのくすみをカバーします。
このひと手間をかけることで、リップメイクの仕上がりがグッと違ってみえるでしょう。
コンシーラーは、口角周りと、唇の山の上につけていきましょう。

リップライナー

width='399'

リップライナーは、口紅と同系色のものをチョイス。
上下の唇の中心から描き始めます。
上唇の山は、尖らせず丸くするイメージで。
そして、上下の口角から中心までの線を繋げ、ブラシで線を唇の内側へ馴染ませます。

-小見出し3-3 リップブラシで口紅をつける

width='399'

丁寧に口紅を塗るためには、リップブラシを使いましょう。
まず、上唇の口角から中心にかけて、半分ずつ塗っていきます。
さらに下唇も同様に塗っていきましょう。
最後に、ティッシュで軽く押さえたら終了です。

指を使ってつける

width='399'

リップブラシがない時や、ナチュラルメイクには、指で塗る方法がおすすめです。
唇の真ん中から、指でやさしく叩くように塗っていきます。
指で塗ることで、リップブラシでは出せないぼかしや、抜け感が出せます。

グロスの塗り方

口紅の上にグロスをつける

width='399'

グロスは、最初に下唇の中心に付けます。
そうすることで、唇がふっくらとした印象に。
中心からは、左右に塗り広げてください。
上唇は、少量を軽くトントンとつけます。
最後に、ティッシュで軽くオフして終了です。

グロスの注意点

width='399'

グロスは、ツヤ感を出したいからと、たくさん塗ってはいけません。
たくさん塗ってしまうと、唇に立体感がなくなり、のっぺりした印象になるかも。
自然な仕上がりにするためには、グロスのつけ過ぎに注意しましょう。

いかがでしたか?

リップメイクはひと手間かけることで、きちんと感が出てきますね。
基本のリップメイクは、顔の表情にメリハリがつき、あなたの魅力がグッと上がるかも。
さらにリップメイクの基本を知っておけば、口紅の色や塗り方を変えることで、マンネリメイクを解消できるでしょう。
毎日のリップメイクを、楽しんでくださいね!

トップへ戻る