ナチュラルメイクの仕上がりを決めるのはチーク!自然にキレイに仕上げるコツ | Na美|女性の人生を豊かにするライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider


ナチュラルメイクの仕上がりを決めるのはチーク!自然にキレイに仕上げるコツ


今多くの女性が取り入れているモテメイクと言えば、ナチュラルメイク。メイクしていないような透明感がありながら、カバーもしっかりしてくれるナチュラルメイクは、チークを入れるか入れないかで、見えかたが大きく変わります。今回は、ナチュラルメイクをよりきれいに見せてくれる、チークの入れ方やコツをご紹介します。

ナチュラルメイクのカギは?

チークで映えるナチュラルメイク

width='399'

きちんとメイクをしていながら、すっぴんのような透明感と自然な雰囲気が魅力のナチュラルメイク。
男性にモテるメイクとしても人気で、多くの女性が取り入れています。
そんなナチュラルメイクをキレイに見せるカギとなるのが、チークなんです。

立体感を演出してくれる

width='399'

厚塗りをしないナチュラルメイクは、気になるシミやニキビもベースメイクでカバーします。
ベースメイクのみだとメリハリや色味に少し欠けてしまいますが、チークを乗せることで立体感が出るんです。
さらに、頬に赤みがプラスされ自然なヘルシー感が出ます。

カラーの選び方

チークカラーの種類

width='399'

チークはさまざまなカラーが展開されていますが、大きく分けると青みが強いか、黄みが強いかの2つ。
同じピンクでも、青みの強いものと黄みの強いものとでは、肌にのせた時の印象が全く異なるのです。
どちらのタイプが肌をきれいに見せてくれるのか、それを知ることが大切になります。

チークの分類

width='399'

すっきりとしてクールな印象の青ベースには、ローズピンクやパステルピンク、ローズレッドやモーブなどの色が分類されます。
反対に、温かみのある黄色ベースに分類されるのは、コーラルピンクやオレンジ、サーモンピンクやテラコッタなどです。

肌になじむのはどっち?見分け方

width='399'

まずは、肌に合うベースの色を見極めることが大切。
簡単な判別法として、左右にベースの違うチークを塗り分けることで、違いが出ます。
似合う方はしっかり馴染み、似合わない場合はチークが浮いたり肌がくすんだり見えるんです。
また、ゴールドアクセで肌が明るく見える人は黄色ベース、シルバーアクセで透明感が出る人は青ベースが似合うでしょう。

代表的なカラー

width='399'

青ベースに似合う代表的な色は、ピンクやローズ。
反対にイエローベースに似合うのが、コーラルやオレンジです。
その中でも、肌に馴染む方のベースを持つのものを選ぶといいでしょう。

付け方

仕上げの後に入れる

width='399'

チーク専用のブラシを使い、お粉で仕上げた後に入れます。
頬にのせる前に手の甲に取り、量を調整してください。
頬の高い位置からブラシを滑らせるようにして、内側に向かって黒目より内側まで入れましょう。
決してまん丸に入れないようにしてください。

練りチークで素肌感アップ

width='399'

クリームファンデでつくるナチュラルメイクには、パウダーチークより練りチークの方がおすすめ! クリーム状になっていることで、肌にのせて伸ばした時に自然に馴染み、ナチュラルな仕上がりになるのです。
さらに、ツヤ感を出して、肌をきれいに見せてくれるのが魅力。

ポイント

まぶたと顎先にプラス

width='399'

頬に入れた後の残りを、まぶたと顎先に軽く入れると、血色が良くなり全体的にふんわりとした仕上がりになります。
透明感のある肌にチークの色みが加わって、健康的な雰囲気がアップします。

つけ過ぎに注意!

width='399'

チークのつけ過ぎには要注意! アイメイクもナチュラルなら、チークだけ入れすぎると浮いてしまい、せっかくのナチュラルメイクが台無しに。
色も不自然にならないよう、サーモンピンクやピンクベージュなどのピンク系で自然に仕上げましょう。

いかがでしたか?

ナチュラルメイクと聞くと、チークは不要と思っていた人もいるでしょう。
素肌のような見えるナチュラルメイクだからこそ、チークが入ることでよりきれいに、よりナチュラルに仕上がりますよ。
自分に似合うカラーを知って、上手にチークを取り入れ、もっとモテるナチュラルメイクを手に入れましょう♡

トップへ戻る