ヘアカラーの種類を知って自分の「なりたい」を叶えちゃおう♡ | Na美|女性の人生を豊かにするライフスタイルメディア
previous arrow
next arrow
Slider
previous arrow
next arrow
Slider

ヘアカラーの種類を知って自分の「なりたい」を叶えちゃおう♡



いざ髪を染めに行っても、アッシュ、マット、ベージュ、カッパーなどさまざまな種類がありますね。しかし、どれがどんな色なのかも想像しにくいこともありませんか?自分の地毛の色を考慮したり、なりたいイメージ通りにいかないことも。そんなことを防ぐためにも、今回はヘアカラー4種類の特徴をご紹介します♡

アッシュ系

メンズにもオススメのアッシュとは?

アッシュとは、グレーまたはグレーがかった、少しくすみのある色合い♡

ハイトーンのアッシュは外国人のような雰囲気を出せますよ。

暗めトーンのアッシュは、落ち着いた印象になるため大人の男性にもオススメ。

アッシュブラウン

アッシュカラーの中でもナチュラルな色味でツヤも出やすいので、髪が綺麗に見えるのが魅力のカラー。

明るさの調整もしやすいので、オフィスカラ―としても重宝しますよね♪

ピンクアッシュ(アッシュピンク)

可愛らしさと華やかさが同居したオトナ可愛い雰囲気に仕上げてくれるピンクアッシュ。

赤みのある色は日本人の肌にもなじみやすいので、万人受け間違いなし♪

マット系

マット系とは

マットはグリーンの色味を指します。

日本人の髪は赤味が強いと言われていますが、マットはその赤みを打ち消す効果があるんです!

寒色系の色なので、同じ明るさでも少し暗めに見えますよ。

オリーブグリーン

オリーブグリーンのような寒色系カラーは肌が白く見えたり、外国人風の透明感が得られるなど、いいとこだらけのヘアカラー♡

全体の色素が薄く見える効果があり、透明感がほしい人にオススメ。

ベージュ系

ベージュ系とは

「軽さ」と「柔らかさ」を感じるベージュは、ハイトーンでも上品な印象♡

軽やかさのある色味なので動きのあるスタイルに良く合いますよ。

ヌーディーベージュ

ヌーディーベージュは素肌の色に近づけ、なじみをよくしたヘアカラーのこと。

ペールトーンなどの淡い色のファッションによく合いますよ♪

カッパー系

カッパー系とは

「銅」を指すカッパ―は、10円玉のようなやや赤味が強めのオレンジブラウンです。

カッパーは髪にツヤを出す効果が高く、肌の色を明るく見せる効果も期待できますよ♪

赤系ブラウン

ほんのり赤みを感じさせるブラウンは、日本人の髪にとてもなじみます。

モード系ファッションや、セクシーなファッションにぴったり♡

マルサラカラー

マルサラカラーは最近注目されていて、赤みのある明るいブラウンのような色。

赤みのある色はベージュ系やアッシュ系よりも力強いイメージがありますが、マルサラは暖かみもある色なので挑戦しやすいですよ♪

自分のファッションやメイクに合わせて♡

4種類のヘアカラーを紹介しましたが、その中にもさらにいろんなヘアカラーがありましたね。

自分のファッションやメイクに合わせて選ぶのがオススメですよ♪

例えば、ペールトーンの服をよく着る人は、ベージュ系、肌の赤みが気になる人はマット系など。

たくさんのヘアカラーがありますが、自分にぴったりのヘアカラーを探してみてくださいね♡

トップへ戻る