奥二重のアイメイクはアイシャドウで差をつけるメイク術♡

一重に見えたり、きつい目元に見えたりと悩んでいる奥二重さんに朗報です。アイシャドウのカラー選びや塗り方に注意することで、奥二重を素敵に魅せることができるんです。奥二重に合うカラーやNGカラー、塗り方のポイントをご紹介します。

奥二重アイシャドウのポイントを知る

アイホールに立体感を

width='399'

アイホールとは目を閉じたときに目頭と目尻を半円状に囲んだところです。
アイホールに明るめでツヤ感のあるアイシャドウを塗ると立体感が出ます。

ベースカラーとメインカラー

width='399'

メインカラーはベースカラーよりやや濃いめのアイシャドウを選んで。
二重幅より広めに目尻に向けて広がるようにぼかしながら、下瞼の三角ゾーンにも入れましょう。
色はブラウン系がオススメ。

奥二重にアイシャドウを塗る方法

アイホール・二重部分

width='399'

アイホール全体にベースカラーのシャドウ、中央部分にホワイトのシャドウをのせます。
二重部分は目尻多めにブラウンのシャドウをのせて、リキッドアイライナーで自然にはねる感じに細くラインをひきます。

下瞼

width='399'

下瞼は目尻の三角ゾーンから3分の1あたりの黒目の下まで、ブラウンシャドウをのせ、ブラウンリキッドアイライナーで瞼の際を目尻から3分の2のところまで描いてぼかします。

仕上げ

width='399'

粘膜に黒のリキッドアイライナーを引き、ビューラーでまつ毛をあげて、上下にたっぷりマスカラを塗ります。
茶色のアイブロウライナーで涙袋の線を描き、自然になるようにぼかせば完成です。

イメージ別に使うアイシャドウの色

可愛いイメージ

width='399'

イエローベースの方はグリーン、ブルーベースの方はピンクがオススメです。
アイシャドウは目の際と中央部分にだけ、色をのせると可愛い印象になりますよ。

大人っぽいイメージ

width='399'

イエローベースの方はオリーブ、ブルーベースの方はグレーがオススメです。
柔らかいオリーブ系やミディアムグレー系のカラーをアイホール全体にのせると知的で大人っぽい印象に。

エレガントなイメージ

width='399'

イエローベースの方はブラウン、ブルーベースの方はパープルがオススメです。
パープルや深みのあるブラウン系を目の際のみに入れると、女性らしく華やかな目元に仕上がります。

奥二重メイクをする際の注意点

塗り方

width='399'

アイホールからはみ出さないように意識してアイシャドウを塗るのが大切。
アイシャドウがアイホールからはみ出していると腫れぼったい目元に見えてしまい、メイク全体のバランスも悪くなります。

NGカラーに注意

width='399'

ベースカラー(肌色のタイプ)に合った色のアイシャドウを選んで。
イエローベースのお肌には紫やピンク、シルバー、グレー系など、ブルーベースのお肌にはオレンジ系、ゴールドやブラウンなどがNGカラーです。

奥二重でもぱっちりとした印象に

奥二重に合うカラーのアイシャドウを選ぶことや、アイホールから涙袋まで、ちょっとしたテクニックを使うだけで、いつもよりぱっちりとした印象のメイクになりますよ。
奥二重を活かしたアイメイクをぜひ試してみてください。

トップへ戻る