血色肌で顔色をぱっと明るく♡笑顔が映える血色感がポイントのメイク方法

みなさんは血色が悪いと悩んでいませんか?メイクをしてもなんだかパッとしない。いつも具合が悪く見られる。
そんなときは、血色感のあるメイクをすれば一発解決!今回は、血色感溢れるベースメイクやポイントメイクをご紹介します♡

ツヤ感重視のベースメイク

ピンク下地で血色感をアップさせる

ピンク色の下地を手に取り、薄く全体的に伸ばす。
ピンク色は血色感をアップさせます。
素肌感を残すために、ファンデーションは薄く伸ばして塗る。

油ツヤが出しやすいリキッドやクリームファンデーションがおすすめ♡

隠し切れない肌の悩みはコンシーラーでカバー

メイク用のスポンジで、最後に全体的に押さえることで肌なじみが良くなります。

ファンデーションを薄付きにしているので、隠しきれなかったニキビ跡やクマなどの気になる部分は、コンシーラーでカバーしましょう。

ふんわりチークで血色アップ

クリームチークは上の位置に塗る

クリームチークを指先にとって、目の下、頬骨よりも少し上の位置にぽんぽんとのせます。
下まぶたのあたりまで指を使ってのばしていきます。

ある程度のばせたら、スポンジを使ってなじませましょう。

ここでいったんフェイスパウダーで押さえる

フェイスパウダーで肌を全体的に軽くおさえてください。

一般的に、リキッドファンデーションの次にフェイスパウダーを使うことが多いですが、今回のようにクリームチークを使う場合は、先にチークをのせましょう。

パウダーチークをふんわりとのせる

クリームチークを塗った上にパウダーチークを重ねましょう。
パウダーチーク薄くふんわりとのせてください。

クリームチークを塗った部分から少しだけはみ出るイメージでのせると、自然になじみやすくなります

ナチュラルなアイメイクに

アイシャドウはカラーレスでツヤ感を

width='399'

まぶたに薄めにアイシャドウを塗ります。
指先を使って塗っていくと、ツヤ感が出やすくなります。

まつ毛の間を埋めるように、細くアイラインを引きましょう。

マスカラは主張しすぎない程度にする

ビューラーを使ってまつ毛をカールさせます。
ナチュラルに仕上げるため、まつ毛は上げすぎないこと。

マスカラはまつ毛が濃くなりすぎないように、一度塗りか多くても2度塗りまでにしましょうね♪

リップメイクはふっくらと

リップは唇から血色がにじみ出るように

口紅を指に取り、唇の真ん中・内側を中心に指で口紅をぽんぽんとのせて、外側に向かって伸ばす。
グロスも口紅と同じ工程で。

これで血色感あるメイクの完成です♡

肌に馴染むカラーで血色肌をつくろう♡

血色肌は肌に馴染むカラーを使うことがポイントです。
ベースメイクはすべて薄く塗ってツヤが出るようにします。
チークはパウダーとクリームの両使い。
アイメイクはカラーレスなまぶたにアイランやマスカラもほどほどに。
リップは唇から血色がにじみ出るようにすること。

ぜひ試してみてくださいね。

トップへ戻る