あなたは知っている?髪を綺麗にキープする本当のシャンプーやりかたとは

毎日のお風呂の時間に必ずするのが、シャンプーです。 何気なくやっている人も多いですが、実は髪を綺麗にキープするためには重要なポイントになります。 反対に間違った方法でシャンプーしていると、髪を痛ませてしまうことに。 ここでは、本当のシャンプーのやり方についてご説明しましょう。

シャンプーの役割とは?

頭皮を健やかに保ってくれる

width='399'

綺麗な髪を保つために必要なのは、なんといっても健やかな頭皮です。
頭皮が乾燥していたり、余分な汚れが毛穴に詰まっていたりすると、きれいな髪の毛は育まれません。
シャンプーは健やかな頭皮を保ってくれます。

汚れや化学物質を洗い流す

width='399'

髪に付着した、カラーやパーマなどを施術したときに残留する化学物質は髪にダメージを与え続けます。
こういった化学物質をはじめ、日々の生生からでる皮脂などの汚れを洗い流してくれる働きもあります。

正しいシャンプーの手順

ブラッシングする

width='399'

ここからは、シャンプーの正しい手順についてご紹介しましょう。
まずは、しっかりとブラッシングしておきます。
こうすることで、シャンプーするときに髪が絡まないのでダメージを軽減することができますよ。

たっぷりと髪を濡らす

width='399'

シャンプーの液をつける前に、しっかりとお湯で髪を濡らしておきましょう。
事前に水分だけでクレンジングしておくことによって、余分なシャンプーの液を減らすことが可能になります。

しっかりと泡だててから

width='399'

シャンプーをする際は、しっかりと泡立ててから行うようにしましょう。
泡で優しく洗うことによって、頭皮や髪に余計な力がかからずダメージを減らすことができるからです。

しっかりと洗い流す

width='399'

最後に、シャンプーの成分をしっかりと洗い流しましょう。
頭皮に残ったままになると、それが原因で荒れたり乾燥したりとトラブルの原因になることがあります。
十分に洗い流しましょうね。

正しいシャンプーでのメリット

毎日お手入れができる

width='399'

綺麗な髪を保つには、毎日の継続的なケアが必要になります。
ほとんどの人は、毎日シャンプーするので、この時間をヘアケアタイムとして利用することができます。
シャンプー選びは念入りに行いましょうね。

やりがち?しちゃいけないこと

ゴシゴシとこすり合わせる

width='399'

髪を洗う際、髪同士をこすり合わせるように洗っている人はいませんか? 髪は濡れた状態だと、キューティクルが開いているためダメージを受けやすくなっています。
なるべく優しく泡で包み込むように洗いましょうね。

爪をたてて洗う

width='399'

頭皮に爪を立てるようにしてシャンプーしていませんか? 爪で頭皮を傷つけてしまうと、そこが原因となって頭皮全体のトラブルにつながることがあるので、指の腹で優しく洗うようにしましょうね。

自然乾燥をする

width='399'

シャンプー後に髪を乾かすとき、ドライヤーの熱を気にして自然乾燥をしていませんか? 実は、はやく髪を乾かしてキューティクルを引き締めておくことが、栄養分の流出を防いでくれます。

いかがでしたか?

毎日のシャンプーは、ただの洗髪という意味だけではなく、綺麗な髪を保つための大切な要素になってきます。
いつも、正しいシャンプーの方法をあまり意識せずに行っている人は、ぜひ見なおしてみてください。
毎日の小さな積み重ねが、綺麗な髪を保つことにつながっていくはずですよ。

トップへ戻る