あせもとは違う、汗荒れって何?その症状と対策

私達が絶えずかき続ける汗には体温を一定に保つ重要な働きがあります。でも、これからの季節は、外をちょっと歩くだけでも下着がびっしょりなんてこともあり、不快な思いをすることもありますよね。そしてお肌にもその不快な汗が原因で起きる「汗荒れ」というトラブルがあります。あせもと勘違いしてしまいがちなこのトラブルは対処を怠ったり、搔きむしったりしてしまうと治りが遅くなって長期化する可能性も。まずは汗荒れについてしっかり見ていきましょう!

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

汗荒れってどんな症状?

「汗荒れ」は乾燥した皮膚が汗の塩分アンモニアなどによって刺激され、かぶれてしまう状態のことで主な症状はかゆみです。そのほかにも、赤くなったり、ヒリヒリしたり、細かい湿疹ができたりするなど、あせもと混同されやすい症状もあります。ただ、あせもは汗をかいた時にふやけた角質などが原因で汗腺が塞がり炎症をおこしたものなので原因がそもそも違います。汗荒れは、首、背中、腕など皮膚と服が密着している部分に起こりやすく、季節を問わず誰にでもなる可能性があるのです。

あせもと汗荒れの見分け方

どちらも似たような印象の汗荒れとあせもですが、汗荒れは肌の表面で炎症が起こり、あせもは肌の内側で起こる炎症です。また、意外なことにあせもは基本的にかゆみを伴わないのだそうです。かゆみがあって、あせもだと思っていた人は、もしかしたら汗荒れだったのかもしれませんね。

汗荒れの対策って?

photo by Fotolia.com

photo by Fotolia.com

まずは汗を拭き取ることが大事

汗荒れにならないためには、なによりもまず、汗をこまめに拭くことが重要です。清潔なタオルを用意して汗が肌に残らないようにしましょう。また、汗を含んだ衣類が皮膚と密着したり、摩擦を生じたりすることも汗荒れの原因になるので、通気性の良い服装で過ごすことが望ましいですね。外出や運動予定のある人は前もって、下着などの替えもあるといいでしょう。

保湿も忘れずに

そもそも汗荒れになる原因として、私達の皮膚を守る肌のバリア機能が低下していることが挙げられます。この肌のバリア機能は、乾燥や乾燥した肌を掻くことで簡単に低下してしまいます。また、春は花粉や黄砂などの浮遊物でも肌が敏感になり、刺激に弱い時期。バリア機能が低下した状態では、汗でさえも刺激になり汗荒れを起こしてしまうのです。顔だけではなく全身を保湿して、肌のバリア機能を保つようにしましょう。

シャワーを浴びる

お風呂に入ったりシャワーを浴びたりすると、タオルだけでは拭き取れなかった汗を流すことでき、汗荒れを防止できます。ただし、石鹸でゴシゴシ身体を洗ったり、洗いすぎたりすると皮膚を乾燥させるので注意が必要です。しっかり泡立てて優しく洗い、保湿も忘れないようにしましょう。

紫外線の刺激を遠ざける

春先は、徐々に紫外線が強くなり、肌への負担は大きくなります。また長時間、紫外線を浴びて日焼けをすると、乾燥や肌のバリア機能を低下させる原因に。シーンにあった日焼け止めを使って、強い日差しから肌を守りましょう。紫外線は、季節を問わずに抜かりなく対策しておきたいですが、これからの季節は天気によって突然、肌の露出が増えることがあるので、特に注意が必要ですね。肌が敏感になっている時は刺激の少ない紫外線吸収剤フリーのものをこまめに塗りなおすのがおすすめです。

さいごに

あまり知られていない汗荒れですが、ちょっと皮膚をいたわるだけで防げそうですよね。汗をかいたら、拭き取るなど清潔を心がけ、なによりも保湿を忘れずに。かゆみが増したり、症状が長期間にわたる場合には早めに医療機関に相談しましょう。

トップへ戻る