どれがなに?今さら聞けない美容機器の効果やメリット&デメリット

エステサロンや美容整形、テレビやインターネットなどでも、よく耳にする美容機器の名前。単語を聞きなれてくると、なんとなく意味までわかっているような気になるけれど、実際はよくわかっていない人も多いのではないですか?今回は、美容機器の説明でよく耳にする、EMS、ラジオ波、キャビテーションについて、美容機器の名前なのか?テクニックなのか?また、効果やメリット&デメリットは?など、素朴な疑問をくわしく解説していきます。

EMSとは?

EMSとは「Electric Muscle Stimulation」の頭文字をとったもので、電気刺激を筋肉に直接与えて、動かしたり収縮させたりする筋力トレーニングを行う方法(方式)のことです。

人間の身体は、生体電気という微弱電流を発生させているのですが、これは神経の伝達や筋肉の収縮など、生命活動を行うために必要なものです。たとえば、手足の曲げ伸ばしやまばたきなど筋肉を利用した動き、心臓の動き、胃や腸などの内臓の動きなどは、すべてこの生体電気の作用によって行われています。

その電気作用をうまく利用して、周波数や波形などを調節し、筋肉の深い部分まで届かせ、筋肉運動や収縮を行う方法のことをEMSと呼ぶのですが、それを行うための美容機器そのものを指していることもあります。

本来はケガや病気などで動けない方のリハビリや痛みをとるために医療機関で使用されていたのですが、最近ではEMSの研究がどんどん進んでいるので、コンパクトで簡単に使用できるタイプも多く、手軽に筋力トレーニングを行うことができ、ダイエット目的筋力アップのために医療機関以外にも、エステサロンや家庭用など多く使用されています。

効果

装着して電気を流すだけで、筋肉に働きかけ筋力をアップさせることができます。すると、筋肉量が増えるので、結果的に脂肪が燃焼しやすくなるのです。部分的なサイズダウン、引き締め効果が期待できますし、病気やケガなどのリハビリとして使用することで、回復を早める効果があります。

メリット

運動が苦手な方やできない状況の方でも、短期間で効果を上げることが可能ですし、コンパクトになった家庭用の機器を使用すれば、手軽に誰でも使用することができます。

デメリット

家庭用の場合には、粘着パッドなど定期的な部品の交換が必要だったり、業務用の機器より出力が弱かったりするのでエステサロンや医療機関で使われるものと比較すると効果に違いがあります。

ラジオ波とは?

一般的によく聞くラジオ波(またはRF)とは、電磁波の一つである高周波の俗称です。要は、高周波を発生させる美容機器やそれを使用する施術メニューに対して、メーカーやサロンが呼びやすいようにつけたオリジナルの名前ということですね。しかし、最近ではラジオ波=高周波というイメージで、一般的にも知られています。

効果

ラジオ波を身体に照射すると、体内の水分が振動してジュール熱(摩擦熱)が発生します。この摩擦熱は、身体を表面からではなく、深部から温めることができるという特長があるので、体内の深部から徐々に体温が上昇するのです。すると、血液やリンパ液の循環がよくなるので、代謝機能が高まり、肌の新陳代謝の正常化、肌のつや、顔色がよくなる、うるおいやはりを保つなどの美肌効果が期待されます。さらに、熱によって温められた脂肪や水分など、老廃物の排出が行われることでの痩身効果も期待できます。

メリット

脂肪吸引などとは違うので、麻酔をしたり身体にメスをいれたりすることはありません。熱を発生させますが、体感温度はほんのり温かい程度なので、気軽に施術を受けることができます。

デメリット

医療用、エステ用、家庭用でもパワーや周波数などにも差がありますし、メーカーや美容機器の種類によって、効果に差がでることも。基本的には、サロンでの施術になり回数を重ねる必要があるので、料金が高額になる場合が多くなります。

キャビテーションとは?

キャビテーションという言葉は、本来物理現象を表した言葉で、なんらかの圧力をかけることで、液体の中に気泡が発生したり消滅したりすることを指します。

医療機関で使われる美容機器では、毎秒25,000〜40,000回もの振動がある超音波を発生させることができるので、気になる部位に当てると体内でキャビテーションが起こり、脂肪細胞膜を破壊させて脂肪を溶け出させます。溶け出した脂肪はその後、老廃物として自然に体外に排出されるというしくみです。

特に、脂肪細胞にのみ作用する超音波を発生させることができるので、より効率よく効果を出すことができます。ただし、エステサロンでのキャビテーションに関しては、医療機器とは違うので、脂肪を排出させるのではなく、引き締め効果が主体となっています。

効果

施術時間も少なく痛みなどもないので、安心して施術が受けやすく、足やせ、おなかやせなどの部分やせに効果が高くなっています。脂肪球が破壊されるので、セルライトが気になる方には、特におすすめです。

メリット

施術時間も短く、比較的に施術も簡単なので、手軽に受けることができますが、体脂肪が少ない方の場合は、施術中にやや痛みを感じることがあります。

デメリット

脂肪を自然に排出させるため、速効性がないので、施術後にすぐに効果を求める方には向いていません。一度では効果でにくく数回通う必要もあり、費用もかかります。また、エステサロンと医療機関での機器には効果に違いがあるので、よく確認しましょう。

最後に

今回は、最近特に耳にすることが多いEMS、ラジオ波、キャビテーションについて、くわしくお伝えしました。しかし、サロンによって機器の種類も違いますし、効果もいろいろですので、実際に試してみる場合は、ご自身で納得いくように確認することが大切です!

トップへ戻る