メイクで小顔になっちゃおう♡顔型別シェーディングのポイント

メイクをする時、できるだけ小顔に見せたいと女性は思うはず・・・うまくシェーディングをしたつもりなのに、不自然でうまく小顔にする事ができない。シェーディングは立体感を出す事で小顔に見せます。顔の形によって、使うメイクアイテムや入れ方が違うので顔型別で紹介していきます♪

丸顔

ファンデ2色使い!

width='399'

丸顔の方はシェーディングをする時に2色のファンデを使いましょう♪
明るい色と暗い色で分けて、顔の側面は暗い色を入れていきます。
顔の中心側には明るい色を入れる事で小顔に近づけます。

最後にフェイスパウダーを

width='399'

2色使って綺麗に塗るのが苦手…。という方はパウダーファンデーションを使いましょう!
2色の境目の所をパウダーファンデを使うと目立ちにくくしてくれますよ。

逆三角形

おでこの側面に入れる

width='399'

逆三角形は、顎のラインがシュッとしていますね♪
頭の周りが大きく見えてしまがち。
そんな時は、おでこの側面にシェーディングを入れるだけで小顔に近づけますよ。

チークの入れ方も気をつけて

width='399'

チークを入れる時は、頬から鼻に向けて縦長に入れましょう。
そうする事でシェーディングとの割合も良くなり、より小顔に近づけますよ。

面長さん

あごの先に入れる

width='399'

面長さんは、顔が縦に長く見えてしまうがために大きく見えてしまいがちです。
シェーディングを入れる時は、あごの先と髪の毛の生え際に入れていきましょう♪

ベース型さん

ハイライトをしっかり

width='399'

ベース型の方は、エラが目立って見えてしまうことを気にされていることが多いのではないでしょうか。
おでこの中心から鼻筋に1本ハイライトを入れましょう。顔に立体感が出ますよ◎

はみ出している部分だけ

width='399'

シェーディングを入れる場所は、想像している卵型からはみ出ている部分だけ入れるようにしましょう!
張っている部分のエラにシェーディングを入れれば、うまく隠れて小顔に見えます。

陰影を上手く使って

シェーディングは、顔の形や長さによって入れる場所が変わります。
間違った場所に入れてしまうと、返って目立ってしまう可能性があります。
まずは、自分の顔型が何かを知っておきましょう。

お手持ちのハイライトも一緒に使うと立体的な顔になれますよ♪
どんなアイテムでもシェーディングの入れる場所さえ覚えれば理想の輪郭が手に入るかも。

トップへ戻る