思わせぶりで恋を呼び寄せる♡ 男心にヒットする魔性の「キラーフレーズ」10選

好き好きアピールが可愛いのは20代前半まで!大人女子が直接的に好意を示しすぎるのは、ちょっとイタイ人に思われます。アラサー女子が身につけるべきは思わせぶりな好意のにじませ方。今回は、男性が「もしかして、俺のこと…?」とドキドキするキラーフレーズをご紹介くます。

男性からの質問に普通に答えてない?

気になる男性との何気ない会話。楽しいのは間違いないけど、なかなか進展しなくてモヤモヤしている方はいませんか?実はその他愛もない会話こそ、恋のスピードを加速させるキッカケだったりします。

男性を思わず「ドキッ」とさせることができたら、しめたもの。恋に頑張りすぎた人にオススメしたい、ちょっと思わせぶりなキラーフレーズをQ&A方式でご紹介したいと思います。

こんな時はこう切り返せ!恋に効くフレーズ

Q. 「元カレとはなんで別れちゃったの?」

合コンなどの席でよく男性から聞かれる質問ですよね。あなたの答え方次第で、恋愛対象外にされてしまう可能性が!狙っている彼がいる場合は「好きだったんだけど、理由がわからないまま振られちゃった」が正解。

ここでのポイントは、別れた理由を自分なりに分析してまどろっこしく話さないこと。受け身でありつつ分析しない子の方が好感を持たれ、男性側に「変に勘がいい子」と思われなくて済みます。気になる彼には過去の話を控えるのがベター。

Q. 「最近デートってしてる?」

こちらも飲み会の席などで男性からよく聞かれる質問の一つ。あなたはどうやってリアクションしていますか?「デートはしてるけど、なかなか良い人がいなくてー」とモテていないアピールしている人は要注意!

男性は、基本的に人気のある女性が好きであり、他からも言い寄られているのがわかった途端、「早くしないと他の男に取られてしまう!」と焦りだします。これが、彼のハートの着火剤となるわけです。

デートをしているか聞かれたら、必ずライバルがいることをほのめかすようにするといいでしょう。大げさすぎるとウソっぽくなるので、「1、2人くらいだけど、たまにご飯に行く人はいるかな」程度がオススメ。

Q. 「男の人にどんな条件を求める?」

いわゆる「どんなタイプが好きか?」という質問ですが、こちらも狙った男性を落とせる上手い答え方があります。それはズバリ「美味しいごはんのお店を知っている人」というもの。

男性が男に求める条件を聞いてきた場合、自分が恋愛対象なのかどうかを確認したいことがほとんど。「ごはん屋さんを知っている人」であれば、男性側は努力次第で何とかなると希望を持ちやすくなります。

Q. 「誰に似てるってよく言われる?」

有名人だったら誰に似ているかというのもあるある話ですよね。気になる彼に言われた場合、たとえ周りから誰に似ていると言われた経験があっても「言われたことないな~。誰に似てる?」と逆質問するといいでしょう。

誰に似ているか素早く答えてしまうと、うぬぼれているとか男慣れしているといったイメージを植え付けてしまいます。また、キレイな女優さんの名前を上げると、自らハードルを上げてしまい欠点が目につくことに。

この質問の場合は、受け身になって相手に答えを求めてしまうのがオススメ。言われて嬉しい人だったら、素直に喜ぶとより印象がよくなりますよ。

Q. 「ねぇ、LINE教えてくれない?」

出会いの場の終盤にLINE交換するのも定番ですよね。男性でも女性でもLINEを聞く行為は、結構勇気のいること。「今日はありがとうございました。また機会があれば…」なんて無難な会話も避けたいですよね。

気になる彼には「じゃ、話していた◯◯についてLINEで教えて下さいね」と女性側から話したいテーマを一緒に提案してあげると男性も気軽に連絡を取りやすくなります。一言添えるだけで距離がグッと近づきますよ。

Q. 「結構モテるんじゃない?」

「言い寄ってくる男いそうなイメージ」と言われた場合はどうやって切り替えしていますか?ここで「私モテないんで!」と否定するのはNG。前述の通り男性は“人気のある女性が好き”なことを思い出してください。

この質問をされた時は「う~ん。タイプな人からはないんですよね」と答えましょう。これだと、モテてはいるけどライバルはいないというアピールになるので、男性は俄然やる気が湧いてきます。

Q. 「年下ってどう思いますか?」

男性が年下で“自分が恋愛対象に入っているかどうか”不安視する場合によく聞かれる質問ですよね。特に、年下の男性は年上のお姉さんとしての魅力と包容力を求めていることがほとんど。

年下と付き合うのがありかどうか聞かれた時は、とりあえず脈アリと考え「年下っていいよね。なんか育ててみたい気がする(笑)」と答えてみましょう。

この返答だと、年下の男性としてワクワクするものになるはず。「この人と付き合ったら、もしかしたら何か変わるかもしれない!」と思い、やる気になってくれるかもしれません。

Q. 「彼氏のハードルって高そうだよね」

男性に対して条件があまりないにも関わらず、見た目や職業柄で求めるハードルも高そうと思われることってありませんか?そういう女性を目の前にした男性は、どうやって口説けるのかスキを探る傾向があります。

「ハードル高いんですかね?私はどちらかというと告白してほしいタイプなんですけど」と伝えれば、相手の男性に希望の光をチラつかせることができます。どんなタイプが好きなのか、あなたにどんどん興味を持ってくれるはず。

Q. 「前の彼と別れたのっていつなの?」

こちらも正確に◯ヶ月前、◯年前など、具体的に答えなくてもOK。「失恋なんてしょっちゅうですよ。いいなーと思った男性は、たいがい指輪してますから(笑)」と明るく笑って答えましょう。

こう答えられた男性は、恋する姿勢はあるものの不倫はNOであり、何よりも本音で会話できる女の子と思ってくれるはず。きちんと向き合ってコミュニケーションをとってくれる女性は、好感が持たれやすいでしょう。

Q. 「告白されるならどんなのが理想?」

男性は、女性に告白するならどう言えばいいのか、ある程度リサーチしておきたい面もあります。こんな時は「じゃ、試しに私に告白してみてください」と言って、彼に擬似告白させちゃうのもアリ。

「えっ、今?急に?」と驚かれることは必至ですが、相手に告白するイメージを持たせることで、自分にあまり興味がなかった場合でも、これがキッカケでだんだん気になる存在にレベルアップできるかもしれませんよ。

相手が擬似告白をしてきたら「はい、ぜひ付き合ってください!」とか「めっちゃ胸キュンしちゃいました♡」なんてリアクションを返せたら、きっと彼もあなたに夢中になっちゃうかも?

キラーフレーズでこの恋をモノにしよう!

男性はその場のノリで質問するケースが多いですが、実はその裏側に自分が入り込むスキがあるかどうかを探っている場合もあります。気になる男性を一撃で落とせるよう、キラーフレーズを覚えて準備しておきましょう!

トップへ戻る