イイ女度UP確実!意外と知らない香水をつける正しい場所♡

ふんわり素敵な香りがする人は、それだけで印象度がUPしますよね!一方でつけすぎたり、香りがキツイと逆効果・・・香水には、やさしく、長持ちする付け方があるんです。今回は正しい香水のつける場所についてお伝えします。

まずは香水の基本をレクチャー!

香水と一口に言っても、パルファム・オードトワレ・オーデコロン・
ミストなど、フレグランス系の商品はたくさんあります。
香りの強さ順にいうと、パルファム>オードトワレ
>オーデコロンで、アルコール濃度が高い順に香水濃度が高く、
香りも強めになります。パルファムで7~8時間香りが継続し、
オーデコロンだと2時間前後が香りの目安。女子中高校生には、
トワレ以下の濃度が薄いものがオススメです。

効果的な香水のつけ方ってあるの?

まずは汗などを拭き取り、肌を清潔に。
できればシャワー後がベスト。汗ばんだりしていると、
香りが汗のにおいと混ざって最悪なことに・・・。 
 
つけるタイミングは、「いい香りでいたいな」と思う
30分位前がベストです。香水はつけ始めの「トップノート」、
つけてから自分の体温などに反応する「ミドルノート」、
つけてから時間がたった時の「ラストノート」と香りが変化します。
ミドルノートの時が一番香水本来の香りがするので、
ミドルノートを狙って時間を逆算しましょう。
量はワンプッシュで十分です。

香水をつける場所、どこがいいの?

香水は蒸発して香りを発するので、
体温が高めの血管が大きい部分がベスト。
手首の脈拍を測る辺りや、耳の後ろ、肘など。
オススメは片方の手首にワンプシュして手首同志をこすり、
そのまま香水をつけた手首を耳の後ろにこすりすける方法。
ふんわり、やさしく香ります。
香りがキツイ香水は、足の裏などもオススメ。
香水は時間が経つと下から上に向かって蒸発するので、
上半身がやさしい香りに包まれます。
デートの時に香水をつけるのにオススメなパーツが、爪。
手をつないだ時に彼の手に香水の香りがうつり、
バイバイしても彼の手はあなたの香りにつつまれます。
爪には、香水をコットンに含ませてつけてね。 
 
髪の毛につけるのはNG。香水のアルコール分で、
髪の毛を傷めてしまいます。

香水をつけすぎてしまったらどうする?

つけすぎには十分注意したいのですが、
もしつけすぎてしまったら、皮膚であればお湯か水で流しましょう。
香り自体は取りきれませんが、
キツイ香りを和らげる効果があります。 
 
服などの場合はクリーニングを。
つけすぎ防止のためにも、
「ちょっと香りが薄いかな?」と思うくらいの量を心がけましょう。
いかがでしたか?意外に香水の種類の違いを知らなかったり、
髪の毛や服につけていた人も多いのでは・・・?
せっかく良い香りの香水たち、つけ方をしっかりマスターして、
香りをあなたの味方にしてくださいね!
トップへ戻る