本音が知りたい!アンケートで分かった「夫が妻に求めるモノ」3つ

過去5回のコラムでは、自分の考え方、伝え方や伝わり方、受け止め方、見られ方など、様々な視点のコミュニケーション術をお伝えしてきました。

今回は「夫の本音を知りたい!」という気持ちを叶えるべく、実際に20代後半~40代前半のビジネスパーソン(未婚・既婚)にアンケートを取りましたので、一緒に検証をしてみましょう!


夫の本音が知りたい!妻に対しての不満や不安……

実際に、私のビジネスパートナーやクライアントの方々にご協力いただき、無記名アンケートで3つの質問に答えていただきました。

質問のひとつめは、こちら。

「妻やパートナーに対しての不満や不安に感じていることを教えてください」

まず一番多かったのが、「結婚当初から比べて、別人のように態度が変わるのはツライ」でした。

正直なところ、女性からすると「そうさせたのは誰よ!」と思うところもありますが、結婚後は生活が関係するので、片目をつぶってみてほしいと感じる方が多いのではないでしょうか。

次に多かったのが、「たまに仕事の話を相談したいときもあるが、理解してもらえない(または聞いてもらえない)のではないか?と考えて、なかなか言い出せない」という悩みです。

さらに、「結婚してから少し太った気がする」「一緒に外出するときは、メイクをして欲しいと思う」という意見も多かったです。

前回の記事でお伝えした、ノンバーバルコミュニケーションの部分が大きいようですね。

これらは皆、いつも素敵な女性でいてほしい、という気持ちが表れた結果なのかもしれません。

夫の本音が知りたい!妻に求めているのは……

質問のふたつめは、「妻に求めることを教えてください」です。

女性である私としては、家事や育児に関することを求めた意見が多いのかな?と想像したのですが、意外にもそれらは全くありませんでした。

アンケート結果でわかった妻に求めることは、

1. もっと自分と向き合ってほしい
2. 話を聞いてほしい
3. いつまでもキレイでいてほしい

という回答が圧倒的に多かったのが印象的です。

今までの結果を踏まえると、妻に期待していることに「家族としてだけでなく、男女としてのコミュニケーションも大切にしてほしい」という想いが強いことがわかります。

夫の本音……言えていない「感謝の言葉」が続々登場!

最後の質問は、「本当は感謝しているけれど、言えないことは何ですか?」というもの。

どんな回答が多かったと思いますか?

結果は……

1. 実は、妻は自慢の女性だと思っている

2. いつもおいしい料理をただ食べているだけで感謝を伝えていない

3. 本当は自分の妻が一番かわいいと思っている

この3つはどれも「言ってくれればいいのに!」という内容ばかりですよね。

今からでも勇気を出して、笑顔で旦那さんと接するといいのかもしれないと思える回答です。

人は、どうしても他人と比較してしまい、自分に自信を持てなかったり、自分の良いところを勇気を出して表現できなかったりする部分があります。

でも、もっと自分に自信を持っても良さそうですね。

一番重要なのは「夫婦の信頼関係」で乗り越えていくこと!

アンケートの結果から、男性は「仕事と家庭は別」と思っている反面、妻に対しては、「どんなことでも対等に話をしたり、男女としての魅力をお互いに持ち続けたい」という願望が強いということがわかりました。

また、「ビジネスパーソンとしての妻を尊敬し、仕事に対する姿勢が自慢だ」という回答もありました。

今回のアンケート対象者の男性は、ある程度成熟した心を持っている男性が多いのかもしれません。

とは言え、それぞれの男性の根底にある本音は、誰にでも共通するものなのではないでしょうか。

男性が求めている「家族としてだけでなく、男女としてのコミュニケーション」を大切にすることで、お互いに本音を言い合える、今以上の信頼関係が構築できるはずです。

「きっと相手はこう思っているはず」「こう考えているはず」「〇〇してはいけないものだ」といった思い込みは、その葛藤だけでかなりのエネルギーを消費してしまいます。

もっとラクに、もっと本音で、そして笑顔でコミュニケーションが取れると、相手にとっても、あなたが一番の信頼できる相手になりますよ。

妻に対する夫の本音を、アンケート結果を元にお伝えしました。

ここまで、コミュニケーションに関するコラムを全6回でお送りしてきました。

家族、ママ友、職場の人間関係など、様々な対人関係では、イヤな思いをすることも多々ありますよね。

自分の大切な時間とエネルギーを消耗しすぎないように、日ごろから、省エネのコミュニケーションスキルを心がけて過ごしてみましょう!

トップへ戻る