もっと素敵な恋をしよう♡自分も彼も束縛しない・させない方法

相手に束縛される場合も、自分が束縛してしまう場合も、どちらも本人にとっては辛いこと。そこで、恋人同士で“束縛”しない方法を知っておきましょう。

束縛するのもされるのもつらい…

恋人に束縛されると自分だけの時間が減って疲れてしまいますし、また恋人を束縛しようとすると会えない時間に不安ばかり抱いてしまうでしょう。束縛はするのもされるのもつらいのです。

そこで、自分も相手に束縛せず、相手にも束縛させないためにはどうしたら良いのかを考えてみました。

なぜ束縛してしまうの?その深層心理とは…

嫉妬心→独占欲→束縛したくなる

束縛をする根底には、以下のような深層心理が隠されています。

・自分に自信がない
・本当に愛されているのか不安
・相手のことを信頼していない
・相手を思い通りにしたい

Pin it

4a34cf9beedc35e70e9ef7d5ce9d7322
ピンもと: instagram.com
7
117

自分に自信がなく愛情に不安を感じるので、ちょっとしたことでも嫉妬心を抱いてしまうのでしょう。結果、相手のことを心から信じられないので独占したくなり、行動を制限してしまうのが束縛のメカニズムです。

男性と女性の束縛は少し違う

男性は思考と行動を束縛する

男性は相手の価値観を束縛したがります。自分とは価値観が違うと彼女の考えを変えようとしたり、自分の考えに彼女の行動を当てはめようとするようです。

そもそも男性は食の好みや趣味、笑いのツボなど女性と意識を共有したがる傾向があります。なので彼女を自分の価値観に合わせたがり、思考や行動を束縛してしまうのでしょう。

女性は時間を束縛する

一方女性は相手の時間を束縛したがります。休みの日でも会って彼と少しでも一緒にいて、こまめに電話やメールをして彼に少しでも自分のことを考えてもらいたがるのです。

Pin it

4b49ffcc4097617b560164f8e8a2ef08
ピンもと: flickr.com
7
68

彼に少しでも時間の余裕があると不安にかられます。会ってない時間にどんな行動していたのかチェックするのもそのせいです。前の彼女と対抗するのは、彼の時間を取り戻せないことが腹立たしいのでしょう。

束縛したくなるメカニズムや男女の束縛の違いを念頭に置き、束縛をしない・させない方法を学びましょう。

まずは共通のルール作りでお互いに安心

まず束縛する・される、どちらの立場でも共通してやってほしいのが、カップル同士のルール作りです。たとえばこんな感じ…

・プライベートで異性と一対一では会わない
・言葉で愛情を伝える
・お互いの友人を紹介する
・不安なことはちゃんと話し合う

Media?size=l
出典: instagram.com

束縛する側の気持ちにも寄り添い、また束縛される側のつらさも考慮し、お互いにとって安心できるルールを作るのです。それぞれのカップルによって考え方も違うので、それぞれのルール作りをしましょう。

嫉妬してしまう人の対策法

不安の想定より理想の想像をする

束縛する人はいつも不安を抱いています。彼が浮気をしないか、自分が捨てられるのではないか…。しかし、その不安は想定にすぎません。起きてないことを悪い方に考えて、自分を苦しめているだけです。

Media?size=l
出典: instagram.com

それなら「彼とどうなりたいのか」「彼と何をしたいのか」と、理想を想像しましょう。理想のためには束縛をするのは遠回りだと気づけるはずです。不安にかられることもなく、心も平穏になるでしょう。

信頼しなければ、信頼もされない

彼が自分のことを信じていなかったらショックではありませんか?しかし、束縛するのは「あなたを信頼していない」と公言しているようなもの。本当に好きなのに疑われたら彼もうんざりしてしまいます。

浮気など前科があるなら疑うのも仕方ありませんが、何もないならまずは彼を信じましょう。不安でも嫉妬心があっても、とにかく信じることから始めるのです。

自分のことに夢中になろう

束縛してしまう人はいつも恋人のことばかり考えています。その時間を仕事・趣味・ダイエットなど自分のために費やしましょう。自分だけの時間を楽しめれば、彼にも彼だけの時間が必要だと理解できるはずです。

Pin it

Ca37562bf7b989fa454e795c3f90b037
ピンもと: forworkingladies.com
39
177

そうすれば彼の時間を手放せます。お互いに一人の時間を作る機会を増やすことで、束縛しないことが当たり前になれるはずです。

嫉妬する彼氏への対処法

精神的に自立した女性だとアピール

男性は思考や行動を束縛すると先述しました。つまり、自分色に染まりやすい女性だと束縛しやすいのです。何でも彼に決めてもらったり、頼りきりになると、男性の束縛を助長してしまいます。

Media?size=l
出典: instagram.com

そこで自分の意思があり、精神的に自立しているということをアピールしましょう。彼の価値観に従うのではなく、お互いの価値観を尊重し合う関係性を目指すのです。

愛情表現+褒める=男としての自信UP!

彼が愛情に不安を抱いているようなら、日頃から「愛してる」「好き」と言葉にしたり、相手のことを本当に大切に思っていると伝えましょう。

Pin it

E6efb229c1a0205adb2841c5ab009546
ピンもと: flickr.com
4

また彼を具体的に褒めることも大切です。「いつも忙しいのに頑張ってるね」「今日のファッションセンスすごくいいね」など。そうすれば男性としての自信がつき、不安から束縛することは減ってくれるはずです。

愛情は束縛ではない伝え方がある♡

束縛はもとをたどれば愛情です。しかし、相手を縛るのはただの自己満足で、愛情ではなくなってしまいます。

Media?size=l
出典: instagram.com

それなら相手への思いは束縛以外の方法で伝えた方が、自分も相手も幸せな気持ちになれます。愛しているなら、お互いに束縛しない・させない関係性を築きましょう。

トップへ戻る