忙しい朝でもやったほうがいい2つの大事なスキンケア

ゆっくり化粧したいけど時間がない…!!って朝でも、最低限やっておいたほうがいいスキンケア、まとめました。

朝のスキンケアには1日の肌を守るという非常に大切な役割がある

でも寝坊しちゃったりしたら、時間との戦い…。
そんな中でもやっておいたほうがいいのは…!?

▼洗顔


寝る前につけた化粧水などがホコリと混じって肌に残っている。それを落とし肌をクリアにするのが朝の洗顔

肌トラブルの大半は、洗顔をしていなかったり、すすぎが足りなかったりすることが原因

朝の洗顔は、洗顔料を使わなくても水洗いだけで十分

洗うときは、こすったりしないように気をつける

▼肌への水分補給


洗顔直後の肌はとても乾燥しやすい状態にある

化粧水までのステップでスキンケアの8割が終わる

■マスクで「ながらスキンケア」

■マスクで「ながらスキンケア」

化粧水をしみこませたシートマスクを5~10分貼る

その間に他の準備が出来る。

■一気に「時短スキンケア」

■一気に「時短スキンケア」

化粧水に乳液を混ぜて、一気に顔につける

ながらスキンケア

ながらスキンケア

1つのスキンケアに集中してたら時間はどんどん過ぎていく…

次から次へとアイテムを塗り重ねていくのではなく、合間合間に行っていく

例)朝、洗顔後に化粧水をつけてから、朝食の準備。その途中で美容液をなじませて、食事をとり、食後の歯磨きを終えたら乳液やクリーム…など。

キッチンペーパー

キッチンペーパー

タオルのかわりにキッチンペーパー1回分で顔を拭く。

適度な潤いを肌に残しつつ、すばやく水分を吸収してくれる優れもの

朝のスキンケアを見直そう

朝、枕の跡がとれにくくなったり、傷が治りにくくなったら肌の弾力が低下してきたサインです。スキンケアと生活習慣の見直しを。

メイクしたまま寝てしまうと、その日の肌のキメに戻すまで200日かかるそうです。女性及び男の娘たち、お風呂は次の日の朝でもいいから、メイクだけは落として、スキンケアしてから寝てくださいね。

寒い季節の朝、冷えと乾燥が気になる場合、泡洗顔をせず、蒸しタオルで顔を温め、タオルで拭ってからスキンケアすると大分違う。首の後ろを温めるとより効果的。

○自宅でデキるスキンケア

食生活ではハチミツと同じく美肌に効果のある牛乳を一緒に摂取する事により相乗効果になります。 ホットミルクにハチミツを入れて毎朝飲むこともオススメです。 大切な事は身体の内側から綺麗になる事ですね。

賢く正しく効果的なスキンケアをしましょう♪

トップへ戻る