これはヤバい!簡単ビックリ下腹を凹ますエクササイズ

下腹をへこますということは、正しい姿勢で立つということにつながります。正しい姿勢は美しい体型を作ります。

基本的に、立っている時も座っている時も、下腹には力が入っている状態になっていることが必要なのです。

美しい姿勢で座るドレスの女性

正しい姿勢で立つことを心がけて、美しい姿勢を手に入れる為に、下腹を凹ますエクササイズをしてみませんか?

下腹ってどこ?

「下腹」というと、どの部分を指すのかあいまいな方もいらっしゃることと思いますが、おへその下の部分、「丹田(正確には下丹田)」という場所のことを指しています。

目安としては「おへその下5cmぐらい、そこから身体の中へ5cmほど奥」もしくは「あおむきになって両足をお腹が辛いぐらい上げた時に、おへそ下の硬くなっている場所」と思って下さい。
※肥満になりやすい方は、日常生活の中で、丹田の緊張が足りないことが多いですね。

下腹を押さえる女性の腹部アップ

手始めに目標としたいことは、丹田を意識できるようにすること。時間も場所も取らない簡単なエクササイズですので、1日に数回、毎日続けてみてください!

下腹へこませエクササイズ

1.足を肩幅に開いて立ちます。

この時、足裏の重心が踵だけに行かないよう気をつけましょう。

指先と指の付け根辺りに重心の位置を持っていくよう意識してください。指先に重心の位置を持っていくと、踵が上がってしまいがちですが、踵はしっかり踏みしめていてください。

2.息を吸いながら踵をゆっくりあげます。

膝上の筋肉に力を入れて踵をゆっくりあげてください。

この時、前傾姿勢になったり、後ろに反り返ったりしないように注意して、まっすぐ背伸びをする感覚で身体全体を上にあげてください。

背伸びをする女性の足

3.背伸びをした状態でゆっくり8数え、踵をおろします。

この時、「前傾姿勢になったり、後ろに反り返ったり」しないように注意してください!

好きな音楽をかけながら、音楽に合わせて立つ長さを調整してもいいですね。

今、この動作をしただけで、丹田に力が入ったことがわかると思います。数回繰り返してやってみましょう。

常に丹田(下腹)を意識して!

丹田に力が入る感覚がわかれば、この感覚を「歩く」「立つ」「座る」などの日常の動作の中で思い起こし、いつも下腹を引き締めることを意識してみてください。

次第に姿勢が良くなっていくことを、まさに体感できると思いますよ!

トップへ戻る